医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

エックス線漏えい検査サービス

エックス線漏えい検査サービス

内部告発で行政指導も!エックス線漏洩検査の実施は法律で決まっています。

妊婦さん

病院でのトラブル体験 病院

アトラクション並みに待つ病院

更新日:

初めての妊娠が判明し、地元でも綺麗でホテルみたい!と有名な産婦人科クリニックへ行きました。

妊婦さん

妊婦さん

初めての出産。期待と不安が入り混じる中、素敵なクリニックへ

ちなみに家から車で5分ほどに大きな総合病院があり、そちらにも産婦人科はありましたが、

そちらを差し押さえてまで30分かけて有名クリニックの方へ行きました。

それはそれはもう綺麗で豪華な外観と、中に入ると大理石と高級そうなソファとクッションがいくつか置かれている待合ロビー。

大きなテレビと、隣にはキッズルームが完備され圧倒されました。

同時に、私はここで産みたい!と強く思いました。

ただ、さすがに有名で人気なクリニックなだけあり、先生は1人体制。ものすごく待たされました。

そして妊娠をしてたくさんのお金がかかることは知っていましたが、初診料で4,000円と、初期なのでまだ赤ちゃんは確認できずに終わった内診と尿検査で軽く1万円超えていて、妊娠ってこんなにお金がかかるんだ!とビックリしたのを覚えています。

まだそこの病院がすごく高額に請求することを知らずに。。

また来週来てください。とだけ言われ、また行くことになりました。

その時はしっかり午前10時に予約をして帰りました。

予約したのに待つのは仕方のないことなのか?

数日後、まだ赤ちゃんの入る部屋すら確認できていない初期の段階から私はつわりがひどくなりご飯を食べても戻してしまう。

食べなくても気分が悪い。そんな症状に悩まされていました。

それでも妊娠しているということが嬉しくて、お腹に赤ちゃんがいる実感も持てて嬉しかったのを覚えています。

 

1週間経ち、また30分かけてクリニックへ。

つわりの中、車を運転するのは大変でしたが、それよりも今日は赤ちゃんの入る部屋が見れるかなと、ワクワクしていました。

病院へ着いてすぐ、いつもより混んでいるなーという印象。大画面テレビの端っこに「90分待ち」という文字が。

どういうことか受け付けの方に聞いたら、先生がお産に入ってしまったので予約の方でも90分ほど待って頂いている。と言われました。

しょうがないか…と思い待とうと思って周りを見渡すと、座る場所がない!!

開くまでとりあえず立って待つことにしましたが、先生がお産に入ってれば開くわけがない。。

つわりで気分が悪くなりながら頑張って耐えたのを覚えています。

しかし、今思うとそのときのつわりなんて全然軽い方で、もっともっと週数が進むにつれ具合悪くなってくのでした。

やっと呼ばれたと思ったころにはすでにお昼の12時になっていました。無事赤ちゃんの入る部屋も確認でき、次回は2週間後になりました。

この時も午前10時に予約をして帰りました。

2週間の間でつわりは悪化し、普通の生活もままならない状態になっていました。

お風呂に入るとシャンプーやボディソープの匂いと熱気にやられ、、キッチンに立てば料理し始めると同時にトイレへかけこむ。洗濯物も香りのする柔軟剤を使えず、1日寝たきりになり仕事も辞めました。

つわりがひどくなり、ついに・・・

2週間後はさすがに主人に車を出してもらい、連れて行ってもらいましたが車で酔い途中コンビニでトイレへかけこむ。。

そしてやっと着いた!と思ったらまた、「90分待ち」の文字が。しかも補足で「お産が2件同時進行中です。ご迷惑をおかけいたします。」と小さく書かれていました。

幸い座るところがあり、座って待っていましたが辛すぎて受付の方に「まだまだ時間かかるようでしたら、出直します。」と伝えようと主人と話し立った瞬間、血の気が引きクラッとなってしまいました。

すると、中から看護師さんが出て来てくれて二階へ連れて行かれました。二階は病室が並んでおり、それまたホテルのドアのような高級な作りの個室がズラッと。

看護師さんに言われ、体重を測ったら2週間で4キロ痩せていました。

「吐き気どめと栄養の点滴をしましょう。」と言われバタバタ動き始める看護師さん。しかし病室が満室で使えないということで、お産が進んでる隣の陣痛室で点滴を受けることになりました。

隣からは出産間近の妊婦さんのうめき声が聞こえ耳を塞ぎたくなり出産に恐怖を感じました。主人も固まっていました。

結局2時間点滴を受け、主人にはまた迎え来てもらうことになり診察までベッドで点滴をしながら待っていられたのでかなり楽になりました。

 

帰宅したものの、ついに決断を

しかし、帰宅後。やはり生活臭にやられ水分もうまく取れなくなってしまいました。これじゃあ赤ちゃんに栄養がいかないと思い、また点滴に行くことに。

しかし主人は仕事なので私1人で30分運転する気力もない。仕方なく近所の総合病院に電話をし事情を説明して、産婦人科で点滴だけしてもらう事になりました。

総合病院についてすぐ、尿検査をしたら尿検査の結果すぐ即入院と言われました。

「重症妊娠悪阻」という病名までつきました。

しかもかなり進行していて3段階あるうちの2段階目と言われ、総合病院の方の先生が一昨日クリニックの方へ行ったばかりなのに、そこで入院とならなかったのがおかしいというのです。

それは尿検査でわかるらしいのですが、確かに尿検査をしませんでした。そして病室が満室。入院出来ない状態だったのです。

そして主人と相談した結果、総合病院でこのまま転院して、出産もこの病院にしようと決めました。

 

先生がクリニックから紹介状を手配してくださり、無事転院しました。

入院中も手厚く看護をしてくださった看護師さんや、とてもあたたかく私の不安やつわりのひどさに向き合ってくれるとっても良い先生を目の当たりにし、最初からこちらの病院にしておけばよかったと後悔しました。

家からは近いし、実は主人の職場も近いので休憩時間に顔を出してくれたりしてとても心強かったです。

2週間後無事退院し、つわりもかなりよくなり、そのまた2週間後に妊婦健診へ行くと、予約時間から5分待っただけで診てもらうことが出来ました。

正直驚きましたが、病院で90分~120分待ち、の表記があるだなんてもはやアトラクションか何かと疑います。。

 

専門クリニックか総合病院かは判断の分かれるところです

あとになってクリニックの方は常に混んでいるので、一人一人への対応も薄く淡白なものだと感じました。

総合病院の方も空いているわけではありませんが、担当の看護師さんがつき先生はあたたかく、じっくり赤ちゃんの顔も見せてくれたので本当に良かったです。

そして1番びっくりしたのは出産の時のお会計でした。出産助成金を健康保険で支払いしてもらいはみ出た分を最後に支払うというやり方を選びました。

なんと、助成金で足りてしまいお釣りがきました。

クリニックの方の案内だと、プラス8万~15万という計算でした。お祝い膳はフレンチコース料理と書かれていたのでいろいろな内容はきっと濃いとは思いますが、いざ出産してみると、あのままクリニックの方で出産していたらと考えるだけでゾッとしました。。

どちらがいいというのはきっと人それぞれで賛否両論あるとは思いますが、私は病院選択はかなり大切だなと痛感した妊娠~出産期間でした。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.