医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

エックス線漏えい検査サービス

エックス線漏えい検査サービス

内部告発で行政指導も!エックス線漏洩検査の実施は法律で決まっています。

病院でのトラブル体験 病院

親切で懇意に対応してくれたクリニック

更新日:

癌に対して、色々な最先端の治療を施しているクリニックです。例えば、集束超音波治療法 HIFU(ハイフ)・電場療法(TTF, ECCT)・樹状細胞治療・光+超音波ダイナミック療法・マクロファージ活性化療法・ハイパーT/NK細胞療法・ビタミンC店的療法などの最先端医療をほどこしてくれるクリニックです。

走っていてもすぐに息切れしてしまう。自動車を運転していてもすぐに眠たくなってしまう。大事な会議中も知らない間に眠ってしまうなどでした。眼球や脊髄など中枢神経系のどこにでも発生しますが、多くは大脳の前頭葉や側頭葉、基底核、脳室周囲、脳梁に発生します。主な症状は、精神症状(40%)や、頭痛・悪心・嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状(33%)で、痙攣発作(14%)や眼症状(4%)も認めます。眼球内リンパ腫は、中枢神経系原発悪性リンパ腫の一つの病変として15~20%の患者さんに合併するとされ、目の見えづらさやぶどう膜炎などの症状で見つかります。

初めは、右鼻腔にできものができ、どんどん大きくなったの市内の耳鼻科に行きました。そこで、京都の血液内科がある専門病院へ紹介してもらいました。

現代医学で完治できないと言われたので、このクリニックの民間療法に頼るしかないと思い、この病院に相談しました。さまざまな民間療法がありました。心強いばかりでした。以下にさまざまな療法を紹介しておきます。

集束超音波治療法 HIFU(ハイフ)療法・・・超音波を体の内部に集めて、熱エネルギー(熱的作用)およびキャビテーション(非熱的作用)を起こして癌組織を壊死させる。

樹状細胞療法・・・体内に電場を発生させて、局所的、または部分領域における癌細胞の急速な細胞分裂を抑制します。 これにより、がん細胞の物理的な破壊やアポトーシスを引き起こす ?マクロファージ(大食細胞・貪食細胞)療法・・・攻撃の目印となるがん抗原を取り込み(貪食)樹状細胞の表面に提示することによって、攻撃する癌の情報をTリンパ球に伝えます。樹状細胞から情報を得たTリンパ球は細胞障害性T細胞(CTL)となり癌細胞を認識して攻撃する仕組みを利用しています。

光+超音波ダイナミック療法・・・超音波は基本的に肝臓や赤ちゃんを見るのに使用されており、全く無害である。超音波の特性として生体内を通り抜けるので、表面にあるガン(例えば皮膚ガン、乳ガン)以外に深部にあるガン(肺ガン、前立腺ガン、肝ガン、膵ガン等)もほとんどすべて治療できるという最大の利点がある。

マクロファージ(大食細胞・貪食細胞)療法・・・がん細胞・ウイルス・細菌を貪食、消化する細胞であるマクロファージを増殖して投与する療法。

どれも続けると1000万円以上かかり、とても、続けることができないと思いました。

結局費用が若干安かったビタミンC点滴療法(超高濃度ビタミンCは身体にもっとも優しい抗がん剤の1種です。ビタミンCは自分が酸化されることで強力な抗酸化作用を発揮します。大量のビタミンC点滴投与により血中濃度を治療域の350-400mg/dLにすることで、ビタミンCはH2O2(過酸化水素)のプロドラッグとしてガン細胞に働きかけ、腫瘍を破壊します。)これは、正常な細胞は過酸化水素を中和するが、癌細胞は中和できず死んでしまうと言う性質を利用した治療方法です。遠隔地だったし勤めがあったので、周に一回、受けてみることにしました。お陰で、進行を止めることはできましたが、脳血流関門(異物が脳に進入するのを防いでいる器官)のため、十分なビタミンCが届かずに、進行を抑えるぐらいしか効果がありませんでした。結局、今は、乳癌と子宮癌を患った母が完治してしまった療法を真似ています。それは、塩気が少し残っている乾燥わかめを食べるというものです。おかげで、進行が止まり徐々に消ええています。思うに、わかめのフコイダン(ぬめりけ)がそうしてくれているのだと思います。

クリニックで、低価格で続けることができる療法を開発して欲しいです。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.