医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

はやり目ではなく雑菌が入っただけ

病院でのトラブル体験 病院

患者さんへの対応が失礼な受付。

投稿日:

兵庫県の西宮市内にある眼科のクリニックです。

はやり目ではなく雑菌が入っただけ

はやり目ではなく雑菌が入っただけ

このクリニックは駅の近くにあり商業施設も立ち並ぶ便利な環境にあります。

調剤薬局も近くにあり処方箋を持って行くのにも便利でした。

眼科ですが、コンタクトの販売店も兼ね備わった大きな病院です。

コンタクトや眼鏡を販売する店舗と、眼科のクリニックは隣り合わせにあります。

大きなクリニックですので、いつも大変混み合っていて、多くの患者さんが訪れているようなクリニックです。サービスも大変行き届いており、待ち時間にはドリンクをサービスしてくれたりと、行き届いた印象を持っていました。

クレジットカードも使用できましたので、高額な治療やコンタクトの購入も安心して出来ました。

 

私は長年コンタクトレンズをしようしており、長くこのクリニックに通院していました。

今までは、特に目のトラブルもなくスムーズにコンタクトレンズの購入をしに行っているような感じでした。

しかし、夏頃に2週間使い捨てのコンタクトレンズを、少し期限を超えて使っていたせいか、左目から目やにが大量に出るようになり、その翌日には目が真っ赤に充血してしまいました。

菌が入ったのかなと思っていましたが、放っておくとどんどん充血がひどくなり、目やにの量も増えてくるような状態でした。

 

私が初めてこのクリニックを訪れるきかっけになったのは、職場から近かったこともありますが、大きなクリニックで、眼科が併設されたコンタクトレンズの販売店でしたし、看板も大々的に出しており、安心して通い始めました。

私が、このクリニックに通うのをやめようと思った理由は、眼科の受付の方の対応でした。

今までは、コンタクトレンズの購入の際に、眼科検診を受けた事があっただけでしたので、受付の方とのやり取りは、ごくごくわずかで保険証を見せたり、料金を支払うくらいでしたので不快に思うようなシュチュエーションになった事がなかったのです。

しかし、この時は、目にトラブルがあり受診しましたので、いつもとは違うケースでした。

 

まず、私が受付に入ると、私の真っ赤な目を見て嫌そうな表情を浮かべました。

そして問診票を渡す時に「はやり目ですか?手で目を擦られたりはしていませんか?」と医者でもないのにそっけない言い方で聞いてきました。

私は、原因が分からないから医者に来ているわけで、、、。すると、他の方に移るといけないので、廊下で問診票を記入して待ってもらえるかと言い出しました。

廊下は、真夏でしたのでかなり暑く、汗ばむような状態でした。そのまま30分以上待たされたのです。

 

その時にたまたま、クリニックの看護師さんが廊下を通り掛かって、私に「暑いから中へお入り下さい。」と声を掛けてくれました。

つまり、廊下で待たせるという判断は、受付の女性が勝手にした事で、院内にははやり目など、他人に移す恐れのある症状の患者さんを待たせる、専用の部屋があったのです。

だいたい、眼科で受付をしているのですから、様々な症状の患者さんを見ていると思います。それなのに、いきなり嫌な顔をして自分に移さないで!みたいな扱をされると不愉快そのものでした。結局、私ははやり目ではなく、細菌による目の充血でした。

私は、真夏に長く暑い廊下で待たされて腹が立っていましたので、精算の時に受付の方に注意をしました。

個人的な判断で病状を決めつけて患者さんを扱うのは良くないですよ。と伝えたのですが、受付の方は「はいはい」みたいな返事でした。

私はそれ以上何も言いませんでしたが、いくら大きなクリニックで従業員数が多くても、一人の従業員のマナーや接客態度が悪ければ、それだけでクリニック全体の信用を失ったり、印象を悪くすると思います。こういった大きなクリニックは、お客様アンケートのようなハガキを渡すか、アンケートBoxを設置すべきだと思いました。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.