医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

皮膚科のお薬

病院でのトラブル体験 病院

慎重すぎる皮膚科のあるクリニック

更新日:

愛知県にある病院の話なのですが、私の家の1番近くにある病院で、小児科と皮膚科の他にも脳神経外科など全部で6つの診療科目のあるクリニックがあります。

そちらは午後の診療が遅くまでやっており、平日は午後休診の日がないため働きながら子育てをしている私にとってとても行きやすい病院です。

皮膚科のお薬

皮膚科のお薬

2ヶ月ほど前に3歳の息子の手と顔に酷い湿疹が出来てしまい、皮膚科専門の病院にかかろうとしましたが、当日受付だと待ち時間が3時間かかると言われたのと、平日の午後全てと土曜日が休診だったので、もし通院となると仕事の調整がつかないと困るので、小児科も入っている最寄りのそのクリニックでの診療をお願いしました。

いろいろな科があるからか、年齢層も幅広い印象でした。

そして昔からある病院のようで、建物が古く、カルテなども全て手書きだったりあらゆる面でアナログです。

予約もネットで取れる病院が増えてきていますが、こちらの病院ではできませんし、待ち状況もわかりません。

ただ、長時間待つ可能性がある場合、外で待っていたい時に順番が近づくと電話で呼び出してもらうことはできます。

子供はなかなか大人しく待っていられないので、このサービスは利用させてもらっていました。

 

実は1年ほど前にも一度その病院に行ったことがあります。その時は息子が頭を強くぶつけていたので心配で脳神経外科を受診しました。

他に脳神経外科が見つからなかったというのもありましたが、それが初めての受診でした。

子供なので大きい病院でしっかりCTを撮ってもらったほうがいいとのことで紹介状を書いてもらい、急いでタクシーで30分ほど走ったところにある病院へ向かいました。

ところが大きい病院ではCTまでは撮らなくても良さそうと言われ、結局何もせず帰宅しました。

そして今回の皮膚炎は3週間ほどかけて4回通院しましたが一向によくならず、とうとう紹介状を書かれてしまいました。

紹介された病院はまさしく3時間待ちで諦めた皮膚科だったのです。

その時ここのクリニックはすぐ紹介状を書く病院だなと感じました。

医療の詳しいことはわかりませんが紹介状を書いた理由が、「薬を出すのは簡単だけど、良くなる見込みがないので1回他のお医者さんに診てもらってください。」とのことだったので、余計にたらい回しにされているように感じてしまいました。

総合病院は紹介状が必要かもしれませんし、何かあってからでは遅いので念のためにというのもわかりますが、結局近所の個人のクリニックを紹介されるくらいなら、もう次からは直接紹介された病院へ受診しようと思いました。

 

その後は紹介された病院へすぐかかり、3週間かけても治る兆しのなかった手と顔の炎症が3日で治まりました。

薬が変わっただけなのにこんなにも違うものかと驚いております。

1番の差は、最初にかかっていた病院では、目に入るといけない薬しか出してもらえず、顔に塗る薬がなかったのですが、紹介してもらった病院では手に塗る薬とは別に、万が一目に入ってしまっても大丈夫な薬を出してもらえたことではないかと思っています。

最初にかかっていた病院は一見診療科目が多く、いつでも行きやすい印象のクリニックですが、先生が科目ごとに違うという訳でもないので、広く浅くの診察になっているように思います。

待合室にいる時も紹介状を受け取っている他の患者さんをよく見かけていたので、ここで最後まで治そうというよりかは、診療時間が他より遅くまでやっていることから、ちょっとした時間外診療のような気持ちで利用する方がいいのかもしれません。

脳神経外科やリハビリテーション科など、近くに他がない診療科目なら行くこともあるかと思いますが、皮膚科と小児科に関してなら頑張って仕事の都合をつけて、一定の診療に特化した病院を選びたいとおもいました。

 

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.