医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

説明の声が小さいドクター

病院でのトラブル体験 病院

声が小さい内科ドクターの態度が豹変

更新日:

東北地方にある内科クリニック(Aクリニック)へ行きました。

説明の声が小さいドクター

説明の声が小さいドクター

Aクリニックは土曜日も診療していて、午前が9:00~12:30、午後が14:00~18:00です。

診療科目は内科、外科、肛門科でして、駐車場があるので車がある方は通いやすいと思います。

 

下痢になってしまいました。

どういう症状だったのかというと、下痢が止まらなくて1日のうちに、15回ほどトイレに行かなきゃいけない状態でした。

仕事中にトイレに行きたくなることが何回もあったので、仕事に集中できませんでした。

そして、下痢の他に寒気と頭痛もあってなかなか止まりませんでした。

 

当時は8月だったので、夏の季節なのに寒気がするのはおかしいなと感じました。

夜に就寝しているときもトイレに行きたくなるので、安心して寝ることができませんでした。

下痢になってしまった初日に、下痢止めの市販の薬を飲んでいましたが、飲み始めて3日経っても全く改善されませんでした。

自分が今まで下痢になったことは何回かありますが、市販の薬を飲めば1日で治っていました。

ですが、3日経っても改善されないので、市販の薬じゃなくて病院で出された薬を飲まなきゃだめなんだなと思いました。

なので、内科クリニックへ受診に行きました。

 

土曜日やっているのはAクリニックの決め手でした。

Aクリニックに行った理由は、土曜日も診療しているからです。

私の仕事の休みはシフト制で、体調が悪くなった週の休みがたまたま土曜日でした。

私が今まで通ったことのあるクリニックは土曜日がお休みなので、土曜日も診療しているAクリニックへ初めて行くことにしました。

口コミなどは全く調べずに行きました。

 

私が行った時間帯が15時頃で、土曜日だから混んでいるだろうなと思っていました。

実際に行ってみると、他の患者さんがひとりもいなかったので少し不安な気持ちになりました。

私が二度と行きたくないと思ったのは、ドクターが原因でした。

ドクターは60代くらいの男性で、声がすごく小さくて少し早口でした。

マスクをしていましたが、マスクをしているから声が小さくなるとは限りません。

 

症状を聞かれた後に薬の飲み方について説明をされましたが、ドクターの声が小さいのでもう一度聞くために、「え?」と聞きました。

するとドクターが、「だぁかぁらぁ朝食の後に飲んでって!」と少し怒った口調で言いました。

そのドクターの言い方に少し腹が立ちましたが、グッとこらえました。

看護師さんや受付のスタッフさんの印象は特に問題ないと思いましたが、ドクターの印象は悪かったです。

 

治ったけど、もう行きたくない

Aクリニックからもらった薬を飲むと、症状は完全に治りました。

もっと早くクリニックへ行けば良かったと思っています。

ですが、Aクリニックにはもう二度と行かなくなりました。

 

自宅へ帰って、Aクリニックについての口コミを見てみましたが、良い評価はひとつも載っていませんでした。

土曜日なのに患者さんがひとりもいないことが分かった瞬間、微妙な気持ちになりました。

ドクターの印象が悪いから、他の患者さんがひとりも来ないのかなと思いました。

 

Aクリニックへ行く前に、口コミなどを調べておけば良かったのかもしれませんが、やっぱりドクターの態度がすごく気になりました。

ドクター以外のスタッフさんは問題無いですし、クリニックの中は清潔にされていました。

誤診もされなかったので、ドクターの態度が良くなればまた行きたいという気持ちになります。

 

声が小さいと、高齢の方だった場合、私よりもっと聞き取れないハズなので、ドクターに絶対に治してほしいです。

また、声が小さいうえに早口だと尚更聞き取りにくいです。

明るくてハキハキと言われた方が、誰だって良い印象を受けると思います。

初めて受診に行くクリニックは、事前に口コミを調べてから決めることにします。

 

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.