医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

注射器

病院でのトラブル体験 病院

自分のミスを患者に押し付ける産婦人科の看護師さん

更新日:

私は2年ほど前に産婦人科に通っていました。

私の住んでいる県には不妊治療をしているクリニックがとても少なく、ようやく見つけたそのクリニックへ通うことになりました。

注射器

注射器

 

予約のできない評判の良い産婦人科での不妊治療

市内から車で1時間半ほどかかるところにあるその産婦人科に、月に6回ほど通っていました。

通院でしかも片道1時間半かかるその道のりは、とても長く辛く、本当に大変な思いでした。

ただでさえ遠いのに、予約制ではないため、受付は先着順でした。

 

地元の人は朝早くから並んで受付をするので、遠くから通う人にはとても不利な受診でした。

朝の受付開始から1時間でも遅れると、待ち時間は3時間~4時間になるのです。

 

病院自体は、古い感じはしましたが、清潔にしている感じがしました。

受付や看護婦さんたちは、対応も丁寧で、初めは信頼できる病院だと感じていました。

 

 

私は、病気などではありませんが、不妊治療でその産婦人科へ通っていました。

地元の産婦人科は、体外受精を実施している病院が2件しかなく、予約は1年以上待ちだったため、地元から離れた産婦人科へ通うことにしました。

そこの産婦人科医は、すぐに初診に応じてくれる親切な病院でした。

ただ、待ち時間が本当に長く、それは辛かったです。

 

 

その病院を知ったきっかけは、知り合いが不妊治療でそこのクリニックで妊娠したことです。

その知り合いも、不妊で悩んでいて、遠いけど一生懸命通っていたそうです。

そこで双子を授かることができ、とてもいい病院だよ、と教えてくれたのでさっそく電話をして初診の予約を取りました。

ネットで口コミを見ても、とてもいい口コミばかりで、ここなら遠いけれど期待できるかもしれない、と思い通うことを決めました。

 

注射針が違う?

1ヶ月に6回~7回通うのはガソリン代も大変ですし、何より治療費が本当に高いのでとても大変でした。

そんな時に、ある看護婦さんがミスをしました。

私は体外授精の治療の段階で、自己注射(自分でお腹に7日間毎日注射)をしていました。

2度目の治療の際に、渡された注射針がとても太く大きい注射針だったのです。

私は、1度目が失敗したから、2回目は強い薬を使う為に太い注射針に変えたのかな、と考え、その太くて大きい注射針を刺しました。

翌日、心配になって病院に電話したところ、「その注射針は間違いです。交換しに来てもらえますか?」と言われました。

病院側のミスなのに、私がまた片道1時間半以上かけて交換しに行かないといけないと思ったら、本当にストレスになりました。

 

 

以前にも、持って帰って袋を開けたら、注射針の一部が入っていなくて、急いで送ってもらったことがあります。

今回は、注射針を間違えるという大きなミスで、しかも、私が交換しに遠くまで足を運ぶのが本当に納得がいかず、送れないのですか?と聞きましたが、送ると時間がかかり間に合わないという事でした。

仕方なく主人に付き合ってもらい、夜に1時間半かけてクリニックへ向いました。

そのクリニックは遅くまで開いているとの事で21時くらいに到着し、注射針を交換しました。

交通費くらい負担してくれないか、などいろいろ文句を言おうと考えていましたが、これから治療を続けるにあたり、嫌な印象を与えたくなかったので、我慢しました。

実際に間違えて渡した看護婦さんが待っていて、誤ってくれるかと思ったら、全然関係のない受付の人にさらっと渡されました。

遠くから来たので大変でした、とだけ伝えましたが、「すみませんでした」という言葉だけでした。

 

間違うことも問題ですが、誠意をもって対応して欲しい

まず、いくら患者が多いからといって、注射針を間違えるのはありえないことですし、もう少し遠くから来る患者に誠意を持って対応してもらいたかったです。

治療は高額で、仕事と通院で辛い思いをただでさえしているのに、無駄なことに気力を使っている暇はないのです。

もう少しだけ丁寧な対応をしていただければこんな思いはしなくて済んだのだと思います。

 

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.