医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

病院でのトラブル体験 病院

病院の個室で点滴中に失神したらどうしますか?

更新日:

不摂生で体調管理が出来ない私の体験です。

つるされた点滴

つるされた点滴

 

体の調子が悪くなった

ここ数日、なんだか嫌な咳が止まらないな…と思っていました。

ある程度悪化してからは良くも悪くもならない感じでしたが、ほっとけば治るだろうとあまり気にしていませんでした。

しかし、ある日起床するとどうも調子が悪い。

もちろん咳は変わらずひどく一度出だすと止まらなかったのですが、それに加えて熱まであるような気がしました。

熱を計ってしまうと辛くなるので計らずにいましたが、感覚としては38度前後です。

けれども、美容業で予約が入っているため(それも完全予約制です)休むとお客様に迷惑がかかります。

とにかく職場に行ってみるだけ行こうとぼーっとする頭をなんとか奮い立たせて、なんとか出勤することができました。

いつもは車で出勤していましたが、その日ばかりは事故に遭うのではと不安になり、タクシーで行きました。

職場に着いた頃にはさらに症状が悪化して、同僚にも顔色が青いと指摘されました。

さらに寒気までしてきました。上司が早退して病院へ行った方がいいというので、お言葉に甘えて職場から一番近いあるクリニックへ行きました。

その病院は島根県西部にある総合病院で、某市では一番大きいのではないかと思います。

個人病院で診察しきれない病気になると大体ここの病院を紹介されます。

 

休日に診てもらえる有難いクリニック

その日は休日で、診察してもらえるクリニックはここしかありません。

職場から近く、確実に診てもらえるのはこの病院しかなく、あとは電話して聞くしかありませんでしたが、そこまでの元気はありませんでした。

熱や咳、寒気という症状なので内科を受診しました。

 

先生に診てもらうと、やはり風邪なのでは?ということでした。

秋口だったので多分インフルエンザでもないんじゃないかなということでした。

驚いたのは熱が40度あったことです。

無理矢理仕事へ行ったりしたのでそれでかなり熱が上がってしまったのではないかなと思います。

点滴をして帰ることになりました。

 

個室に移動し椅子に座らされ、点滴を打ってもらいました。

終わるまでじっとしていてください。と言い残して看護師さんが部屋から出て行ったのでその部屋は完全に私一人になりました。

しばらくは寝たら楽になるかも…と目をつぶって下を向いていたのですが、急に小刻みに震え始めました。

何かおかしいかもしれないと思った頃には震えはかなり大きくなり、言おうと意識していないのに「うーうー」と低く唸り声がでました。

頭のどこかで、助けを呼ばなくては、と助けを呼びたいと考えるのですが、どうやって助けを呼んだらいいかも分かりません。

次第にかなり震えが大きくなり椅子ごと倒れてしまいした。

そこからあまり意識がなかったのですが、その椅子ごと倒れた音で看護師さんが気づいたみたいです。

 

点滴で失神。何が起こったのか

結局その後は一日入院となり、熱は下がったのですがなぜあんな震えがひどくなったのかは教えてもらえませんでした。

熱が上がりすぎたんだと思います、と軽く説明されたのみです。

この件に関して、もっとしっかりと説明してくれなかったことが、私の不安や不信感につながっています。

 

あのまま誰にも気付かれずに点滴が終わるまで待っていたら最悪の場合死んでいたんじゃないかなとぞっとします。

もともと熱が高かったのもあるのかもしれませんが、どうしても点滴がおかしかったんじゃないかなと思ってしまいます。

このようなことがあってからそのクリニックには行っていません。

今は祖母が調子が悪く、本来ならばそのクリニックに行くべきなのですがどうしても信用できないので隣の市のクリニックに入院してもらっています。

私も含め、家族や友人・恋人にはそこには行って欲しくないです。

 

病院に頼りすぎるのは良くないかも

色々改善してほしいところはあるのですが、今回の件に関していうと、具合が相当悪かったので個室に通してもらえたのは人目を気にしなくても良いので助かりましたが、おかしなことが起きた時にどこにどのような手段で伝えたらいいのかということをきちんと提示しておいてほしいと思いました。

このような事態になった時に個室にたった一人、誰にも助けを求められないとなると大変不安でした。

もう少し考え配慮してもらえるとこのようなことも減るのではと思います。

 

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.