医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

親知らず抜歯

病院でのトラブル体験 病院

親知らずの抜歯で大量出血

更新日:

埼玉県のとある個人歯科クリニックです。

親知らず抜歯

親知らず抜歯

 

定期的に歯のクリーニングなど検診を受けていたので虫歯はなかったのですが、ある日突然下顎が痛みだしました。

我慢出来ないほどでもなく、検診では虫歯がなかったので、虫歯は疑わず生活していましたが、痛みは収まらず、頭痛肩こりが激しくなってきました。

何科に行こうかと悩みましたが、一番はじめに顎が痛くなったので、お世話になっているクリニックへ行きました。

 

埋没した親知らずの抜歯

原因は親知らず。

ずっと歯茎に埋まっていた親知らず、上下4本が隣合う歯にぶつかってしまい、ぶつかった所が虫歯になってしまう危険があるとのこと。

レントゲンをみると全てが歯茎の中に埋もれてしまっている埋没親知らずのため歯茎を切って、縫ったりとかなり大掛かりな親知らずの抜歯になるといわれました。

 

まだ虫歯にはなっておらず、このままにしておくことも可能だが、歯並びが加齢とともに、埋まっている親知らずでどんどん悪くなることを指摘され、早いうちに抜いた方がいいといわれました。

一気に抜くのはとても生活に支障をきたすので、何週間かに分けて1本ずつ抜いていくことにしました。

大掛かりな抜歯になるとのことでしたが、かかりつけの歯科クリニックは口腔外科も掲げていたので、そちらの口腔外科にかかることになりました。

 

その歯科クリニックにかかったのは、なんと言っても一番家から近く、通いやすい立地であること。駐車場広く雨の日でも気にせず通える環境にありました。

割と新しいクリニックですが、近所でもそのクリニックに乗り換えた人が多いほど評判がよいところでした。

初診でかかった時にも、院長先生がとてもにこやかで明るく対応してくれ、事細かに症状や治療内容を説明してくれました。

しかし、親知らずの抜歯はかなり大掛かりなともあり、3本は院長先生が抜歯してくれましたが、残りの1本は院長先生では歯が立たず、外部から来ている口腔外科の先生に託されました。

 

いつも先生ではなく、口腔外科の専門の先生が出てきた

麻酔をされ、大きな口を開け、切開され抜歯作業をしていたときに、ピリっと舌の裏側あたりに違和感を感じました。

すると、歯科衛生士さんが、『先生、舌の根元から血が出ています。』と、指摘。

その瞬間、『分かってる!うるさい黙れ!』と歯科衛生士さんに怒鳴りました。

なかなかうまく抜けない歯に苛立っていたのか、医師はイライラがMAX状態のようでした。

どうやら器具が当たってしまい、舌の裏側が切れてしまったようです。

その説明は歯科衛生士さんから聞き、医師はびっくりしたことに

『あなた(患者の私)がうごいたからだ!舌に変な力いれやがって!』

と言ってきました。

その時点で私は舌も麻酔が効いていて動けないし、口を大きく開けるのでいっぱいで、ましてや動いてもいませんでした。

とにかく鬼の形相で、この医師の本当の顔をみてしまって恐怖で、2度とここにきたくないと思いました。

 

そう言われてしまい私はとにかく歯が抜けるのを願い、静かに怒りをこらえ何も反論できませんでした。

もうなにがあっても2度とここには行きたくないと誓いました。

 

院長にも共有させてもらえず

とりあえずこのままは良くないと思ったので、院長先生をよんでもらうことにしましたが、抜歯を担当した医師は、『これは私(医師)とあなたの問題、院長は関係ない!』と、言い、受付の方もその医師が怖いのか、圧力で何も言えず怯えていました。

その場はとりあえず会計をし、後日何度もクリニックに電話をしましたが院長は忙しいという理由で繋いでいただけませんでした。

抜歯にかかった費用はもちろん徴収されましたが、なんと、切られてしまった部分の治療費、薬代も別途徴収されとても驚きです。

 

切られたくて切られた訳でもなく、こちらは被害者なのに、なぜお金を払わなくてはいけないのか、ましてや、舌の根元を切られてしまい、縫合したといっても、とてもモノを食べるのに不自由な生活を送りました。

担当した医師は、最後まで全く自分の非を認めることなく、威嚇されて終わりました。

これが、もし、医師が自分の非を認めてくれたのであれば、また、院長先生を呼んで情報共有してくれたのであれば、まだ怒りは少なく済んだかもしれません。

きっと院長先生はこの出来事を知らずにいるとおもいます。

せめて、受付や助手、衛生士などその場にいた人が、そっと院長先生に伝えてくれていればいいなと願うばかりです。

 

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院でのトラブル体験, 病院
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.