医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

お店にクリニックのパンフを置いてもらう

医療経営

近所のお店にクリニックのパンフを置いてもらう5つの方法

更新日:

ポスティングやWeb広告も大事ですが、愛ある紹介を受けることが集客のみならずクレーム防止にも効果を発揮します。その一つが良質なお口コミであり、人の信頼をお借りすることです。その手法の一つとして近所のお店にパンフレットを置いてもらう方法を紹介します。

お店にクリニックのパンフを置いてもらう

お店にクリニックのパンフを置いてもらう

 

まずはお客になる

 

当然ですが、まずこちらからアクションを起こします。目的はクリニックをおすすめしてくれることだとすると、以下の2つをチェックする必要があります。

・お客として満足できるお店か

・店主は感じいい人か

 

まずは近隣のすべてのお店のお客になり、上記を確認しましょう。さりげない世間話からクリニックのオーナーであることは伝えましょう。

 

顧客を紹介する

 

リストが出来上がったら、まずは相手に貢献します。

上記チェックの2つを満足しているお店に1人でいいのでお客様を紹介します。飲食店なら後輩や友人を連れて行き、オーナーに紹介します。街であっても、気さくに挨拶できる関係をつくります。

 

商店会などを利用して仲良くなる

 

次に人間関係と影響力を調査します。商店会の会合などがあれば、背㏍徳的に参加しましょう。その商店街で、誰がどれくらいの影響力を持っているのかを観察します。

 

パンフレットの感想を聞く

 

上記までの調査が終わったら、医院パンフレットを持って見せに行きます。既に制作済みであれば既存のものを、まだ作っていないのであれば、制作案をデザイナーさんに作ってもらい、持参します。

 

最初に行くべきは、商店会で一番影響力のある人のところです。パンフレットを持って行き、こう聞きます。

「今度、パンフレットをリニューアル(新規制作)しようと思うのですが、町内の雰囲気を壊さないか見ていただけますか?」

 

いろいろダメ出しを受けるかもしれませんが、それは一旦受け止めておきます。

最後に、「大変参考になりました。デザイナーさんともう一度話してみます。」と言って終わります。

 

ここでの目的は仁義を切ることですので、アドバイスの内容は特に気にする必要はありません。

 

商店会の顔役に相談した後は、下記2点をクリアしているお店を回ります。

・お客として満足できるお店か

・店主は感じいい人か

 

訪ねて行ってこう切り出します。

「商店会の○○さんに相談して、パンフレットのリニューアルを考えているのだけれど、XXさんの店頭で、今のパンフレットを配布してみて反応を見てみてもらえないでしょうか?」

 

新規に制作する場合は、「試しにおいてみて反応を見てみてもらえないだろうか?」と聞いてみましょう。

 

共に地元を盛り上げる意識

 

当然ですが、パンフレットを置いてもらう話だけをしに行くわけにはいきません。常に地元を盛り上げる、他人の商売を応援する話題から入りましょう。相手に貢献する意識を持てないままにパンフレットを置いてもらっても、効果は出ません。

 

まとめ

 

医師や歯科医師というのは常に新しい技術や情報を勉強していて、なかなか地元を盛り上げる等の足元の対策の時間がとりにくいものです。だからこそ、しっかりと時間を取って貢献することで、他ではないあなたのクリニックに信頼が集まるのです。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-医療経営
-,

Copyright© 医療経営新聞.com , 2017 AllRights Reserved.