医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

歯科技工士を断る

医療経営

父親の代からお世話になっている技工士さんを断るには?

更新日:

医院経営のお悩み

 

現在も父親の代からお世話になっている技工士さんに、一部の技工をお願いしているのですが、仕事の質、納期など考えると他の業者に替えたほうが良いのではないかと思っています。しかし、その高齢の技工士さんの生活のことを想像すると、なかなか切り替えの話をすることが出来ません。

歯科技工

歯科技工

 

まず、その技工士さんの仕事が、質・値段・納期などの点から他の業者に比べて明らかに落ちるのであれば、切り替えていく方向で考えるしかありません。

 

高齢の技工士さんの生活のことは、こちらの想像でしかないのでその辺は腹を割って話し合っていくことが重要だと思います。

 

お父様がご健在であれば、お父様から話していただくことが一番良いと思われます。

 

また、いきなり切り替えるという形ではなく、これまでお願いしている部分を少しずつ新たな業者に切り替えていく、という方向で徐々に切り替えができると良いのではないかと思

います。

 

 

問題はお父様が技工発注先の切り替えに反対している場合です。

 

その場合であっても、切り替えていく旨はお父様に伝えなければいけません。

身内であれば、説明しなくてもわかってほしいという気持ちはあると思いますが、身内であればこそ丁寧に準備をすべきです。

 

反対する理由は感情の部分でしょうから、客観的な数字を用いた比較資料だけでなく、あなたが実現したい理想の医院と医院理念の実現に必要な技工の条件などを、第三者に伝えるように丁寧に準備しましょう。

 

そのうえで、技工士さんの今までの貢献に感謝の意を表したうえで、資料を使って状況を共有しましょう。

 

それでも納得しなかったら、その時はご自身の判断を優先せざるを得ません。

そのまま放置してしまうと、他のスタッフが辞めていってしまうリスクがあります。

 

あなたが医院理念に沿った行動をとり続けないと、スタッフ達は「院長がやっていないなら、別にいいや」という風になってしまいます。

 

長く医院を支えて下さった方にお別れを言い渡すのは非常につらいことだと思いますが、その方も技術者であれば、仕事の質に関しては敏感なはずです。

 

ごまかさず、真っ直ぐな対応を心がけましょう。

 

そしてその技工士さんに敬意を表するのであれば、次の発注先は技術的にもコスト的にも最高のものを選ぶように、真剣に検討しましょう。

 

恩返しの方法は継続的な医院の発展です。災害や経済クライシスにも負けない強い医院を経営し続けて、今まで関わってくださった先人たちに敬意を表しましょう。

 

それが医院継承という他では得難い「歴史」という強みになります。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-医療経営
-, , ,

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.