医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

人材育成セミナー

人材育成セミナー

人材育成セミナー

スタッフの仲

医療経営

うちのスタッフは仲が良さそうに見えるのですが

更新日:

医院経営のお悩み

うちのスタッフは仲が良さそうに見えるのですが、看護師チーム、受付チーム、事務チーム、ドクターチームで固まると他のチームの批判ばかりしています。「先生(私)はどう思いますか?」と詰め寄られても、うまく答えることが出来ず、最近では無視されているような気がします。仕事熱心なスタッフ達なので、解雇はしたくないのですがどうすればよいのでしょうか?

 

スタッフの仲

スタッフの仲

解雇したくないとのことですが、解雇する理由があるのでしょうか。
チームがうまくいかないから、誰かを解雇することで解決を図るのはうまいやり方ではありません。

優秀なのにチーム同士の仲が悪いという点についての問題とあなたが最近は無視されていると感じる2つの別の問題が含まれています。

無視されていると感じるのは、みんながあなたの考えを聞きたがっているからです。
方向付けしてくれるのを待っている可能性があります。

しかし結論から言えば、どちらも同じ根本原因があると言えます。
それは目標の不在、「経営理念」の徹底不足です。

まず、一つ目の問題は、チーム同士の仲は良いが他のチームの批判ばかりしているという点ですが、以下のようなことが背景にあると思います。

・自分たちのチームがほかのチームに比べて評価が低いのではという不安
・結果に対して正しい評価を行ってもらえないのではないかという不安
・良い結果は評価してほしいという期待

なぜ、このような状態になってしまうのでしょうか。
あなたは評価するときに無意識に他者比較をして、コミュニケーションをしていませんか?

これはなかなか自分で気づかないことです。
そして、なぜスタッフ達はあなたの評価ばかりを気にするのか、という事ですが、それはもしかしたら「医院理念」がない、または浸透していないからではないでしょうか。

医院理念に向かって同じ方向に向かっていれば、おのずと「理念に沿った行動」こそが真となり、判断基準となり、あなたの行動でさえもスタッフから注意されることがあるかもしれません。

それゆえに、常に見本となる覚悟を決めていないと、2つ目の問題、「無視されている」につながってしまいます。

無視されているように感じるのであれば、それはおそらくあなたがスタッフの信用を失っている可能性があります。

理念がなく、または浸透していない状態で行動判断の基準となるのはオーナーの意向です。良くも悪くもワンマン経営であれば、こういった問題は起こりにくいかもしれません。

しかし、その場合あなたが判断を誤れば、鉄の結束力で悪い方向へ突き進むこととなります。

また、あなたが上がってくる不満に対してうまく答えられないのは、むしろあなたの誠実さですが、理念としてのあなたの言動としては、スタッフには不安を与えていることになります。

理念をしっかりと定め、理念に沿った行動こそが真と決め、あなたもまた、それに向かって日々、習慣形成の努力をしているという姿勢をみせることで、スタッフと同じ方向を見ることができるようになります。

それにより志を異にする人材はおのずと離れ、必要な人材は留まるものです。

同じ方向を見ることができるようになれば、面談やミーティングも実のあるものになっていくはずです。

ある医院では服務規程を厳しく決めて(特に院長の服務規程)毎朝、朝礼の際にスタッフに院長のダメ出しさせるそうです。
(院長からスタッフには朝礼ではなく、個別に指摘します)

それにより、院長の意見よりも医院理念が優先するのだという意識を植え付けているそうです。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-医療経営
-, ,

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.