医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

エックス線漏えい検査サービス

エックス線漏えい検査サービス

内部告発で行政指導も!エックス線漏洩検査の実施は法律で決まっています。

ベテランの看護師

医療経営

ベテランの看護師が仕事をしません

更新日:

医療経営のお悩み

ベテランの看護師がいます。先代の院長の時代からいるのですが、とにかく仕事をしません。私(現院長)が指摘すると返事は良いのですが、何も改善してくれません。それどころか、若いスタッフには「難しいことは先生がやるからあなたはニコニコしてなさい」という始末です。やめてもらった方がよいのでしょうか。

 

ベテランの看護師

ベテランの看護師

 

結論から言うと、丁寧に今までの感謝を伝えたうえで、相手に残るか辞めるか選んでいただくのがいいと思います。

目的地に向かう船の中に違う目的地に行きたいクルーがいたら船はうまく進みません。

しかし、その前にやるべきことをやったのか確認する必要があります。

先代の雇用したスタッフはみんな「医院」に雇われたのではなく、「先代の院長」に雇われたと思っています。

船に雇われたのではなく船長に雇われたのです。

そして、たとえ親子であっても「オーナーチェンジ」が起こりました。

船の乗組員でもプロのスポーツチームでもオーナーチェンジが起これば、体制全てが新しくなります。

それは、チームの掲げる理念が変わるからです。
船で言えば「目的地」が変わるからです。

「目的地」(理念)が変わったとき、即ち院長が変わったときにそのベテランの看護師さんとしっかり話をしたでしょうか。

「今度の船長は先代とは違って経験も少ない未熟な私ですよ」
「目的地(理念)もこのように変更になってますよ」
「それでも一緒にやってくれますか?」

きちんと意思確認をされたでしょうか?

きちんと意思確認をしたうえで、自分の言ったことを覆してそのような行動をとるのならば、残念ながらあなたは信用されていません。

あなたと他のスタッフの信頼関係が出来ているとするならば、その方には面談のたびに同じ質問をしましょう。相手が辞めるという選択をするはずです。

この場合、気を付けなければいけないのは、あなたが他のスタッフにも信頼されていないとしたら、全員辞めてしまうかもしれないという事です。

もし、不安を感じたら今からでも何度でも「心の再契約」を結ぶべく、面談をして確認しましょう。

大切なことはあなたが示す目的地(医院理念)に一緒に進んでいきたいというスタッフと心の契約を結ぶことです。

相手の夢を聴いて応援し、自らが見本となって尊敬されていないとうまくいかないかもしれません。

ただ、一つだけ言えることは採用の失敗は教育では取り返せないという事です。
パリに行きたい人にロンドンに行くことを説得しても意味はないのと同じです。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-医療経営
-,

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.