医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

先輩のクリニック経営者 (2)

先輩のクリニック経営者 (2)

人材育成セミナー

歯科医の道具

医療経営

歯科医院ではよくあることだと思うのですが

更新日:

医療経営のお悩み

 

歯科医院ではよくあることだと思うのですが、レントゲンを撮るときに助手にボタンを押してもらっています。先日そのことを助手に法令違反だと指摘され、告発すると脅されています。どうすればよいでしょうか?

 

 

一番いけないのが、事態を放置することです。すぐに弁護士さんに相談しましょう。

 

その上で、なぜこのようなことが起こるのか、私ならばどうするかをお話しします。

 

歯科業界に関わらず、全ての歴史ある業界は様々な工夫をしながら発展してきました。

その中で、事故や健康への影響などの理由で後から法律で規制されるものもあれば、違法だとは知りながら、業界の誰もがやっている行為というのもあります。

 

それらを良い悪いと言うつもりはありませんが、あなたがあなたの医院を第3者として購入して承継開業すると考えてみて下さい。

 

歯科医院ではよくあることだと思うのですが

歯科医院ではよくあることだと思うのですが

私ならば、このような医院は買うことを薦めません。

・お金の流れが不透明

・土地建物がいわくつきもしくは重大な欠陥がある

・設備が使えないぐらい古い

・地域の評判が悪い

・法令違反をしている

 

もちろん提示価格によっては考慮しますが、最後の2つ

・地域の評判が悪い

・法令違反をしている

 

これらは挽回するのに広告予算だけでなく、時間も3カ月以上かかります。

 

そして法令違反については、現院長が現院長の名前で謝罪し地域に告知されてからでないと承継しないようにアドバイスします。

 

なぜなら、承継した後に過去の法令違反が見つかった場合、その時の責任者に風評の被害が及ぶからです。

 

あの時の責任者は違う人できちんと謝罪していた、この人はそのあとを受けてきちんとやっている人だという事実を強烈に地域の人々の印象に残さなければ、勘違いされてしまうからです。

 

そして何より怖いのは「患者さんは見ている」ということです。

医療従事者だって病院やクリニックに行きます。自分の専門の分野で違法なことをしていればすぐ気づくはずです。

 

私ならば、法令違反のあるクリニックは現時点で風評が出ていなくても承継開業はしないようアドバイスします。

 

 

また、助手さんが「告発」などと言うまでには、葛藤もあったのだと思います。

普段からスタッフの夢や人生の目標を聴いたり、仕事上の悩みを聴いたりする機会を十分に設けていたでしょうか?

 

スタッフさん達に、いきなり思い切った行動をとらせないようにするには、普段のコミュニケーションがとても大切なのではないでしょうか。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!

-医療経営
-,

Copyright© 医療経営新聞.com , 2017 AllRights Reserved.