医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

先輩のクリニック経営者 (2)

先輩のクリニック経営者 (2)

人材育成セミナー

売上伸びない

医療経営

3年前に分院展開をしたのですが売り上げが伸びません

更新日:

医療経営のお悩み

 

3年前に分院展開をしたのですが、どうにも売り上げ伸びずグループ他院の利益を食っているし、そろそろ決断の時だと思っています。なんでこのようなことになったのか非常に残念です。こういう時はどうすれば良いのでしょうか?

 

 

このような状況になった経緯(赤字体質の原因)を考えてみましょう。

 

クリニックの場合、人の能力発揮の出来不出来、教育の成功が多くの要因を占めているケースがほとんどです。

 

撤退を考える前に現状をどこまで分析できているかが重要になります。

 

だらだら赤字を垂れ流したくない気持ちはわかりますが、撤退コストも安くはありません。

これまで働いてくれたスタッフの再配置や身の振り方も考える必要があります。

 

 

現状分析ですべきことをお伝えすると

 

・財務の実態把握(実態BS・実態PL・資金繰り・本部との貸借)

・法務の実態把握(契約・許認可・コンプライアンス・紛争)

・事業の実態把握(市場環境・顧客・商品・競合・SWOT分析)

3年前に分院展開をしたのですが売り上げが伸びません

3年前に分院展開をしたのですが売り上げが伸びません

この3つです。

これらの環境をこの医院をM&Aで買うつもりで精査していきます。

 

もし、問題がない、購入したいと思うのなら、問題は人・組織にあったという事になります。

この時点で売却を考えても良いかもしれません。

しかし、財務に問題があることは明らかですからこれはあまり現実的ではありません。

 

 

これらの環境に問題があった場合は、

・改善できるのか

・改善出来たら、利益を残せるのか

を考えます。

 

改善できないと判断した場合は撤退しかありません。

改善出来たら利益が残せる場合は、いつまでに改善は完了して、改善にかかるコストはいくらなのかを把握します。

 

期間とコストが飲み込めるのならば、改善を続ける判断も出来ますが、今までうまくいかなかった他の要因があるはずです。

 

人が育っていないというのが多くのクリニックの抱える問題です。

分院の場合、ご自身がいない時間のほうが多くなると思われますので、深刻な問題です。

 

目に見えたところを改善してもうまくいかない原因はここになります。

 

事業環境の整理をしたら、人・組織に光を当てて、今後どのように医院を立て直していくのか考えてみることが大事です。

 

クリニックの撤退の原因の多くは、マーケティングの失敗よりも、採用の失敗、教育の失敗によるものが多く見られます。

 

全員一丸となって、医院理念を見直し、理念に沿った行動が出来ていたかどうか、今後どう行動すればよいのか、徹底的に話し合い、新たな習慣を作り上げるしかありません。

 

この過程には非常に意味があります。

もし、撤退を決断される場合には余剰人員が出てしまいます。

理念に沿わない人は去ってもらうしかありません。各自、習慣作りにコミットメント出来るかどうか、問える良い機会だと思います。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!

-医療経営
-, ,

Copyright© 医療経営新聞.com , 2017 AllRights Reserved.