医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

エックス線漏えい検査サービス

エックス線漏えい検査サービス

内部告発で行政指導も!エックス線漏洩検査の実施は法律で決まっています。

後継者がいない

医療経営

後継者がいないので

更新日:

医療経営のお悩み

後継者がいないので、勤務してくれている医師にいずれクリニックを譲ろうと考えています。ところがリーダーとして育てようとしてもなかなか自覚が生まれず、すぐ辞めてしまいます。リーダーを育てるにはどうした良いのでしょうか?

リーダーはリーダーからしか学べません。
あなた自身が良いリーダーになれば、勤務医さんも良いリーダーになります。

では良いリーダーとはどういう人なのでしょうか。

こんな言葉があります。

リーダーの心得
<尊敬される上司となれ>
管理職とは自己管理職である。その役割は自らを律することからはじまる。

リーダーシップ

リーダーシップ

9項目ほどあるので紹介いたします。

1) 常に部下の見本となって行動せよ
・夢を持って、あきらめずにチャレンジし続ける姿を見せよ
・仕事を通して、感動で泣くところを見せよ
2) 部下に期待せず、信頼せよ
・部下に任せ、その責任はすべて取れ
3) 一番難しい仕事、誰もやりたがらない仕事を楽しんでやれ
・成長することで、どこまでのことができるようになるか教えよ
4) 部下からの相談には、喜んで乗れ
・部下からの相談には、24時間年中無休で乗れ
・自分の仕事よりも、部下からの頼まれごとを優先せよ
5) 学ぶ姿勢を見せよ。それは部下から学ぶことである。
・部下の発言と行動を見れば、自分が何をしてきたかがわかる
・部下の長所から学び、部下の短所は自分の出番
・部下を成長させることよりも、自分が成長する姿を見せよ
6) 怒るなら、尊敬されてからにせよ
・信頼関係がなければ、仕事は分担できない
7) 部下と議論するな、部下を説得するな、部下を感動させよ
8) 仕事とは部下を成功させるためにするもの
9) 一緒に仕事ができるだけで、毎日部下に感謝せよ

こんな上司と仕事していたら、自分もリーダーになりたいとあこがれを持つものです。

人を育てるというのは、単に知識や手法を身に付けさせるだけでなく、それらを最大限に活かして、いかなる困難や問題をも乗り越えて夢や目的を実現できる人材を育てることです。

人を育てるというのはというのは指導と育成という両面があります。

指導とは「知識や手法を与えること」です。
これは「教える」ことができます。

育成とは「やる気にさせること」です。
これは「見せる」ことで自らそうなってもらいます。

自分自身が何気ない会話や行動で見せていくという事です。
相手がやる気になっていなかったら、育成は失敗していることになります。

育成なくして、指導はありません。
部下は必ず育ってくれますので、見本を見せ続けてください。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-医療経営
-,

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 AllRights Reserved.