医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

医療ニュース

大麻で難病を治す「医療大麻」最前線 - Medicinal Marijuana in Japan

投稿日:

大麻で難病を治す「医療大麻」最前線 - Medicinal Marijuana in Japan

この動画の記事URL:http://www.vice.com/jp/read/medical-marijuana-in-japan アメリカでは近年、「大麻はアルコールほど危険ではない」と公言したオバマ米大統...

最近の実話です。 実験台 医療 医師 患者 難病 早く副作用危険ない医療大麻解禁ください。 私たちが裁判起こす前に

戦後、大麻取り締まり法なければ大麻草摂取できステロイド増量免疫抑制剤なく私たちの難病の各内臓も護られた それは海の向こうでは可能で日本ではできず透析などとなる日本。透析利権の利益となるね 大麻草で海外では病気回復与え健康状態に。日本は薬増量副作用危険で悪化与え 医療利権の利益の元

大麻を5年間も吸い続けた日本人の難病患者が激白 ldnews 大麻が医療に認められることで、治療の幅も広がるし、日本の医療費の削減にもつながるんです

私たちの難病は免疫抑制が必要で海外では精神作用は&039;&039;ない豊富THCA医療大麻で効能得ている患者がいます日本での治療はステロイド精神病や併用として免疫抑制剤プログラフ使われ始め過度期精神作用はステロイド以上で過激でした 医療大麻THCAは加熱でTHCとなり禁止されてますが免疫抑制剤代替となります

ステロイド飲み続ける限り感染症リスク。 医療大麻にはその様な感染症リスク報告はなく 私より難易度ある状態の同難病女性が医療大麻で回復し健康に 私は輸血したのでまた別ケースかもしれませんが 現在ステロイド量でも身体だるきつい。CBD切れも早く。医師は副作用問題からステロイド増量はしないと

●医療大麻の真実 マリファナは難病を治す特効薬だった 福田一典(著) 本書は英語圏の論文や最新事例を元に現役日本人医師がその有効性を検証、製薬会社との癒着なき医療を目指す医師だけでなく難病に悩む多くの人々も気づくべき事実を網羅

煙草副流煙も幼少期から夕飯時近くで17才辺りまで吸ってます。現在、私は自己免疫疾患難病歴30年以上。合法化ドラッグという安心感を大人に与えている。WHOに報せたい。大麻治療が副作用殆どなく有効報告。この医療大麻は禁止され。 WHO 国会 ドラッグ 与党 野党 煙草 アルコール 飲酒

成田さんが逮捕されてから今月でちょうど10年になります。医療大麻の患者として裁判を闘う道を選んだ成田さんに心ない批判が向けられた時期もありました。一体どんな心境でこの10年を生き延びられて来られたのでしょうか? 大麻を5年間も吸い続けた日本人の難病患者が激白

こんにちは。現在新宿区に在住の難病患者(クローン病)なんですが、以前カリフォルニア州で5年間にわたり合法的に医療大麻を使用していました。日本では大麻取締法が障害となり、医療用途での使用も認められていません。そこで医療大麻特区として新宿区が名乗りをあげる事が出来れば素晴らしいと

なぜ難病歴30年以上で長年、副作用で苛まれ若い時期の時間奪われた私が 海外では副作用心配少なくステロイドや免疫抑制剤より効能上回った同じ難病で私より厳しい状態の患者が 精神作用もない医療大麻成分で健康回復に。ステロイドで健康状態は増量で副作…

Amazon医学・薬学・看護学・歯科学 > 麻酔科学・ペインクリニック ギフトランキング4位 福田一典『医療大麻の真実 マリファナは難病を治す特効薬だった!』

筋萎縮性側索硬化症 ALS 医療大麻 医師 医療 患者 難病 厚生労働省 国会 大麻 大麻取り締まり法 海外 ALS女性患者が医療大麻使用後、30年以上生存 医療大麻使用開始後、歩けなかった足が歩けるようになっています 男性患者も医療大麻使用後、五年余命宣告から十年生存中です

国会 大麻取り締まり法 法改正 ニュース NHK クローズアップ現代 メディア ASL 医師 医療 患者 難病 医療大麻 大麻

大麻の悪用で医療用大麻の可能性は低くなるばかり、癌や難病で苦しんでいる人の救いであり光を奪ってしまっているのは残念! 医療用として研究開発し効果は認められているのに…又々、日本は世界から遅れを取る。

ツッコミ有難う御座いますwま、ネタみたいなヒトなので大目に見てあげて下さい★因みに石田参議院議員(自民党厚生労働委員会の筆頭幹事)が難病政策に関する悩ましげなツイートをしていたので医療大麻についてリプライを入れてみました。良かったら拡散ご協力頂けると助かります!!!



-医療ニュース
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 All Rights Reserved.