医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

医療ニュース

今後の生活と医療・介護

投稿日:

今後の生活と医療・介護

75歳以上を対象とする後期高齢者医療制度。低所得者の1割負担という特別措置がなくなり3割負担へというニュースを見た。年金で細々生活している高齢者には大打撃。今後ますます状況は悪くなるだろう。収入の柱はしっかり築いておかないと。

国民の健康の保持と増進を目的として保険制度を作ってるなら、10年持ちこたえられる非金属の歯冠なんて真っ先に保険適用するべきじゃないのかな。あと糖尿、心臓疾患、肺疾患等、日々の生活習慣が原因で高額の医療を受けてる人は今後の治療を回避するための生活習慣改善指導を義務付けたほうがいい。

私は特養ナースの役割を、利用者様、介護士さん、ご家族が安心して生活出来るように、医療面はドーンと任せろ、というふうになりたくて。ただ、24時間いないから、かかりつけ医のような感じで、状態見て、今後起こりうることと対処法、観察事項をお伝えして、こうなったらこうしてね、をお伝えする役目

まさにこれ。 働いてる世代なら景気回復で収入増の見込みはあるけど、 年金生活に入ると定収入(徐々に目減りするのが確実)しかなく、医療負担増もほぼ確実。 さらに今後は子供のいない高齢者が確実に増える。 今はとにかく将来を考えると消費に回す勇気が湧かないのが庶民の実感。

【国民よいい加減に気づけ!!・・安倍政権は国民生活を破壊しているだけ!!・・見てみろ、働き方改革は派遣法利権の推進であり、今後更に低賃金化が加速し、こいつらはパソナ利権でぼろ儲けし、国民生活は徹底的に破壊され 国民皆保険も廃止され 医療費実費化で子供…

患者を抱え込まないことが、今後も医療政策で推進されます。地域包括ケアシステムは必要な時に必要な医療を提供するようになっているからです。患者の地域での生活に、きちんと配慮できる病院が時代の荒波を乗り越えられます。

今日の日中は市役所に行き、死亡後の手続きや、葬儀の事、実家の生活保護の可能性について相談。 来月には母の手術が控えている。今後の様々な事を話し合っておかなければならない。 明日は実家の借金額の把握と財産放棄についての相談予約をとろう…

今後は税や保険料を支払ったら、保育や医療、介護や教育が低負担で利用できて、家計支出が減るように政府や政治を監視していかなければ、国民生活が著しく疲弊します。増税、保険料引き上げ後の家計負担削減のために、政治や政策に引き続き注視ください。…

2018年10月 生活保護費 障害者年金 母子加算 減額 今後の予定 ○セカンド・オピニオン、後期高齢者医療、高度先進医療の全額自己負担 ○消費税14~19%まで引き上げ ○水道代2~5倍に値上げ ○走行税導入

⑨在宅医療の実際;多職種で状態・服薬・生活是正などを確認。Circulation(2012)で心不全モデル提唱されている。今後の医療の参考になるのでは、在宅医療ケアチーム・ACPが中心に進めて行くことができる。内科学会総会 地域医療シンポジウム

ですよねー! 発達の人も普通の生活して楽しくいたいけど 身体がしんどくなりやすい、お金が増えない、医療で飛んでいく、ってなりますからね🥺 今後節約レシピとか載せる時に使っていきたいです☺️ そして、他にも色々共感してフォローさせて頂きました! よろしくお願いします☺️

金曜しんや倶楽部 生活保護のことはよく分かりませんが、医療費が無料になる件で 医者の意見としまして、 末期癌の生活保護者に2000万円以上もかけていること、今後線引きが必要じゃないかと書いていました。 市政予算の半分が生活保護費は 本当になる話だと思います。

医療のみではなく、教育や生活の質の向上という点が、新たな気づきでした! 今後も動画楽しみにしてます!

「外国人医療費、多額の未回収金、6割が在留資格を持つ外国人。在留資格取消しなど厳しく対応したらどうか」→厚労省「今後考える」|もえるあじあ(・∀・) 正義を行うのに、タブーを気にする必要があるか⁉️生活のために官僚になった愚か共達よ、覚悟を決めておきなさい‼️⚡️

検査の結果、原因は分からないのに血中の数値が一部悪化しているから長期入院になりそうです。GWだから医療機関もなかなか動けないそう。明日も採血。 大学や今後の生活等、見通しがたたないことは不安だけど、必要以上に不安になっても辛いので、なるべくいつも通りの生活を心がけたいと思ってます。



2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-医療ニュース
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.