医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

医療M&A

医療機関のM&A(売買)について

更新日:

クリニック経営を継いでくれる後継者がいない。

そういうクリニックが増えてきています。

診療所従事医師の平均年齢は59.2歳

厚生労働省調査(平成26年発表)医師・歯科医師・薬剤師調査の概況によれば、診療所に勤める医師、全国101,884人の平均年齢は59.2歳となっています。そのうち44.5%は60歳以上となり、同年(平成26年)の一般診療所数が100,461件だったことを考えると2人に1人(45%)が60歳以上の院長(経営者)ということになります。

歯科医師においても、診療所に勤める歯科医師、全国88,824人の平均年齢は52.2歳で、60歳以上が28%を占めています。同年の施設数68,592件で割り込むと3人に1人は60歳以上の院長(経営者)ということになります。

診療所は後継者難の時代

ご子息やご息女が医師、歯科医師になったからと言って、親の医院を継ぐとは限りません。

また、親子間の事業承継は感情のもつれが原因でうまくいかない人もいます。

 

地域のインフラとしての医療を提供し続けること

廃業すると言えば簡単に聞こえるのかもしれませんが、そうなると今まで来てくれていた患者さんはどこへ行けばよいのでしょうか。

働いてくれていたスタッフは?

地域医療はインフラです。辞めると言っても簡単にはいかにのが現実です。

 

M&Aという選択

医院を第3者に売却するという選択肢は、今の経営をよくすることです。

譲る側のメリットとしては

・患者さんを託すことができる

・従業員を託すことができる

・取引先を引き継ぐことができる

・営業権(のれん代)を評価できる場合がある

・退職金と営業権でまとまった資金が手に入る

 

このためにできることは、【M&Aを前提とした経営】

 

つまり

より高額で買い取りたいと思えるように、経営は透明性を持って行われます。

何をするにも、比較検討のプロセスを記録するなどして「わかりやすい経営」になっていきます。

その結果、スタッフもやるべきことが明確になり、目標意識を持ちやすい土壌が出来上がります。

それは強い経営を生み、強い財務体質になっていき、内部留保(貯蓄)も出来ていきます。

再投資も可能ですし、勇退時の資金に充てることも出来ます。

 

まとめ

M&Aを利用して、計画的な勇退や事業再編、分院展開などを行うことは資源効率の面からもおすすめです。

M&A情報は登録制となっております。

下記から登録をどうぞ

[contact-form-7 id="1269" title="M&A希望入力フォーム"]

 

 

-医療M&A
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 All Rights Reserved.