医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

医療経営

横柄な皮膚科医師にうんざり!

更新日:

" 40代を前に、目の下の小じわが気になってきた私。マッサージをしたり、パックをしたり。高級なアイクリームも試しましたが、改善されず。インターネットでいろいろ調べて、悩んだあげく、美容皮膚科に相談することにしました。

現在、私は福岡市に住んでいるのですが、ホームページが比較的充実していて、美容皮膚科も充実しているクリニックを選ぶことにしました。

決め手は、そのクリニックを開業されている女性医師です。クリニックのホームページには、自らを「美魔女」と称した先生の美容医療に関する体験記がざっくばらんに書き込まれていました。

女性医師の写真も載っていましたが、本当に綺麗な先生!女性の美しくありたい、と言う気持ちに理解もありそうだと安心感を感じました。

そのクリニックまでは、車で1時間ほどの距離でしたが、美しさの為にはと、出かけました。

予約不要とのことで、クリニックに到着した際には待ち時間は かるく1時間越え!子ども連れの方や、高齢の方も多いなというのがはじめの印象でした。(そのクリニックは美容皮膚科だけでなく、一般皮膚科もあり)

クリニックの内装はごく一般的なもので、決して新しくはないなというのが第一印象でした。子供用に置かれている日本が、えらくボロボロだったことを覚えています。"
"結局、1時間半程度待って診察室へ呼ばれました。診察室といっても、大きな部屋を仕切りで区切っているだけのものです。

私が、医師に診察を受けている様子が、 数メートルほど離れたところにいるおじいさんから丸見えの状態なんですよ。逆に言うと、背中に何か笑ってもらっているおじいさんの様子がこちらからは丸見えです。

正直言ってこれには面食らいました。例えば、胸や足の皮膚に問題がある女性だとすれば、どうするのでしょうか。あくまで、体の不調を治しに行く場所なのですから、きちんとプライバシーが尊重される空間であるべきです。まず、この環境に違和感を強く感じました。

椅子に座らされるとすぐに医師から「鏡を持って!」と言われました。そのまま、戸惑いながらもシワに悩んでいること、何か可能であれば治療をと考えていることをお伝えしました。

が、私の話を聞く態度は、診察とは言えないような横柄なもの。フンと返事した後に、顎先をもたれて、左右に顔を向けられたのですが、その仕草もかなり雑!正直に言って、触られたことに嫌悪感を感じました。

また、女性医師がホームページの美魔女ドクターとは、まるで別人!顔の皮膚はもちろんですし、髪の毛もボサボサ。何より、口臭がひどくて…。

美魔女?いや、そんなことよりも、本当にここは美容皮膚科もやってるクリニックなの?と混乱してしまいました。"
"結局のところ、医師から強い口調で「それで、ヒアルロン酸やるの!?」と言われた私。

美容目的とは言え、信頼できない人に体を預けるわけにはいきません。「一旦帰って考えてみます」と、席を立ちました。

医師との短いやりとりの間、ずっとおじいさんの視線を感じていました。恥ずかしかったし、情けなくて…。 40にもなると言う人間が、シワなんかで悩んでいることに自己嫌悪を感じました。

料金は診察料として1,000円ほどだったと思います。しかし、一体何を診察してもらったのか、全く納得がいきませんでした。

美容皮膚科とうたっているからには、美容目的の患者にもきちんと向かい合うのが医師の義務だと思います。また、医療行為を行う空間であるからには、プライバシーが侵害されないように配慮が欲しいです。美魔女医師なんて、患者の過剰な期待を煽るホームページなんてもっての他です。

また、医師も接客業です。パサパサの髪や肌はともかく、口臭については最低限のエチケットを守って欲しいです。患者の顔に近づくことも多い職業でしょうから。

もちろん、このクリニックには二度といきません。最低限のマナーが改善されない限り、行く価値のないクリニックだと私は感じたからです。"

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-医療経営
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.