医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

初めての出産

病院 病院でのトラブル体験

新しいのは嬉しいが、事前説明が不十分な産婦人科

更新日:

はじめての妊娠ということもあり、それまで私は産婦人科にかかったことがほとんどなくネットで家から近い産婦人科を調べて診察へ行きました。

初めての出産

初めての出産

そのクリニックは最寄りの駅から最低徒歩25分以上かかる場所にあり、住宅街の中にありました。

まだ開業して間もなくとてもきれいな外観で内装はまだ出来たばかりという感じで明るく床は木目調で広めのキッズスペースがありました。

待合室は小さくとても混雑しており、子連れや夫婦が多かったです。

 

 

妊娠検査薬で検査したところ陽性反応でしたので妊娠の検査のため初めて産婦人科に訪れました。

その後つわりなどの症状がつらく、じっくりと産婦人科を探す余裕が持てないまま、定期検診は自宅から比較的通いやすいそのクリニックに通い続ける事にしました。

分娩にはそのクリニックですと費用がかなり高めに設定されてましたので、比較的分娩費用が低めの総合病院にする事に決めました。

つわりが酷くそのクリニックではよく点滴による処置をしてもらうことも度々ありましたが、歩いて通うには体力的にかなりきつく待合室では落ち着かない環境の中長時間待たされるなどかなり過酷とも言える状況でした。

 

 

そのクリニックを選んだ理由は、やはり自宅から最も近くにあり利便性の面からそのクリニックを選びました。また、できたばかりで新しく明るい雰囲気の建物の造りは好印象でした。

そのクリニックは主に地元の住民が多く通う場所でもあり、その場所以上に遠いと通うのが困難であると思いましたのでそのクリニックに通い続けました。

 

ところが、

まだ新しいという理由もあってか初診の時から受付の方からの診察までの流れの説明がとても不十分に感じました。

尿検査のためのトイレの場所を教えて頂けず、また診察の前に体重と血圧を計る事も教えて頂けませんでした。

順番が来てからまだ計ってない事を伝えると自分の順序が変わってしまい結局更にそこから待ち時間が伸びてしまいました。

慣れない診察台に上がると、看護師さんからは特に何も説明がされないまま突然診察台が動き始め、あまり丁寧ではないなと感じました。

診察の仕方がやや雑で痛いこともよくありました。

やはりまだ新しいということもあり医師の数が少ないせいか、一人にかける診察時間を短くしたかったのか医師からの説明はとても短く質問しづらい雰囲気で、あまり聞きたい事も聞けないまま診察は終わりました。

 

 

結局そのクリニックでの分娩を予約するつもりがなかったのですが、その月は予約でいっぱいだったのと分娩予約しないという理由からか妊娠24周目で診察をお断りされてしまいました。

泣く泣く私は定期検診のためのクリニックを変え遠くの総合病院に通うこととなりました。やはり怒りを感じるほど元気にもなれず私はそのクリニックに行くことはなかったです。

 

分娩予約をしないという理由で診察してもらえなくなるという実態はそれまで知りませんでした。

全ての産婦人科クリニックがそうではないと思います。

分娩予約をされている患者さんが最優先ということもわかるのですが、里帰りや金銭面などの事情もあってそのクリニックで分娩出来ないけど検診はそこでないと厳しいという方の立場も少し考慮してもらいたいなと思いました。

今は産婦人科も少ない中、改善する事はとても困難であると感じますが、出来れば今より多く産婦人科の数が増えて医師の数も増えてくれたらいいのにと思います。

クリニックの規模など、待合室のスペースをこのくらい大きめに作らないといけないという規定がもしあれば、小さな待合室で窮屈な思いに苦しまなくても良くなるのになと感じました。

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 All Rights Reserved.