医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

麻酔なしで神経の治療

病院 病院でのトラブル体験

何をするのかきちんと説明してくれない歯科クリニック

更新日:

その歯科クリニックは住宅街の中にあり自宅から徒歩2分以内で通える便利な立地でした。

はじめてその歯科クリニックに行った時はまだ引越してきたばかりでしたので特に口コミなど調べずに家から近いという理由だけで行きました。

麻酔なしで神経の治療

麻酔なしで神経の治療

 

定期検診として行ったのですが、前歯の裏側に虫歯が見つかり黒くなっておりましたので治療のため通うようになりました。

前歯の裏側を削り中の細菌を除去してから歯と同じ成分のセメントで固めましたが、固めてから痛みが日に日に増してきてしまい、再びそのクリニックを訪れました。

 

診断によると、前歯の根本の神経が腐り始めており変色していたのです。

今度は前歯の裏側から穴を開けて腐った根本の神経を除去することになりました。

 

私は痛みに耐えきれず、麻酔を処置してくれるよう頼んだのですが麻酔をしてしまうと痛みがなくなったかどうかわからないという理由から麻酔をしてくれませんでした。

それからドリルで穴を開けた時の最大級の激痛は今でも忘れられません。

 

その後、再び細菌がなくなるまで治療が続き前歯の虫歯の治療だけでおよそ3ヶ月もかかってしまいました。

その後も一つの虫歯が完治するとまた別の虫歯を発見され、再び治療して失敗してまた再治療といった形になってしまいました。

 

その歯科クリニックはやはり自宅から徒歩2分と最も近く、何かある際には大変好都合でしたし、患者さんも常におりましたし、玩具などが置かれたキッズスペースがあり明るい印象でした。また、そのクリニックの隣には処方箋薬局もありましたのでその利便性から信頼性があると感じ、通うようになりました。

今となってはもうその歯科クリニックには決して足を運ぶことはないと思います。

やはり一つの虫歯の治療に想像以上の時間と費用がかかってしまい、更には痛みも発症し時間の無駄になってしまったなと後悔があるからです。また、再治療の際に前歯の裏側に穴を開ける際麻酔をしてほしかったにも関わらずこちらの意向を全く無視して治療を続けられた事もとても不快でした。

そして、歯科医と受付の連携が取れていなかったのか、診察が終わってから長時間待たされる事もしばしばありました。それは何か事務的な作業をしていたわけでなくただカードを返し忘れていただけで何事もなかったかのような態度だったのも腹立たしかったです。

そして何より最も行きたくない理由は2度目の虫歯治療の際にドリルで口の中の粘膜を傷つけられ流血してしまったからでした。

歯科医は特にこれといった謝罪することはなくそのまま何事もなかったかのように診察料を請求されましたので、もう二度とこのクリニックには来ないと決めました。

 

一つ目の虫歯の治療が終えてから、もう別の歯科クリニックに変えたいと思いましたが、また初診料を支払い細かく説明するのも面倒に感じましたので二つ目の虫歯の治療まではその歯科クリニックに通いました。

二つ目の虫歯の治療の際に起きた口内の粘膜を傷つけられるという医療ミスが起きてからはもう二度とその歯科クリニックには足を運ぶ事はありませんでしたし、医療ミス時に請求された診察料を支払いませんでした。

こちらに迷惑をかけたにも関わらず何事もなかったかのような態度を度々取られ印象は最悪でした。

その後、ネットの口コミにその歯科クリニックの酷い対応について書き込みました。

その歯科クリニックの口コミを見てみるとやはり自分と同じような体験をしている患者様が複数いらっしゃいましたので、家から近いという理由だけで安易に歯科クリニックを選んではいけないと痛感しました。

どのようにすればより良く改善されるか、やはり歯科医と歯科助手や受付の連携をもっとしっかり取るようにしてもらいたいなと思いました。

それ以外ですと、歯科医の人間性の問題が大きく関わって来るとは思いますが、ネットの口コミに記されている内容をその歯科クリニックがもう少し把握して貰えればいいなと思いますし、医療ミスがあっても診察料を請求してはいけないというルールがあればいいのにと思いました。

 

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 All Rights Reserved.