医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

出産のストレス

病院 病院でのトラブル体験

無愛想で感じの悪い産婦人科の先生

更新日:

福岡県のレディースクリニックでのことです。

出産のストレス

出産のストレス

 

赤ちゃんが出来た?

2年前に生理が1ヶ月程遅れたので、薬局で市販の妊娠検査薬を購入しました。

「1ヶ月から検査出来ます」と書いてあったので試してみました。

高齢で二人目がとても欲しかったので、反応があってすぐ「やっと妊娠出来た」と思いました。

通院、入院、出産、上の子供のお世話、義理の両親に手伝ってもらいやすいように、自宅から一番近くのこの産婦人科クリニックを選びました。

残念ながらその時は流産してしまいました。

 

今回の出産の時も生理の遅れたので市販の妊娠検査薬を試し、反応があったので受診しました。

前回流産した時は、着床したばかりで「あまり分からないですね、様子をみて下さい」と言われピクリとも動かす、育たず、2ヶ月位で入浴中に出てきてしまいました。

今回は、2ヶ月生理が遅れた時点で妊娠検査薬を試し、しっかり反応が出てから受診しました。

反応があったのと頭が痛かったり、体がだるかっかり、何かいつもと違う体調だったので、「今度こそ妊娠したかも」と思いました。

年齢も42歳の高齢出産で、前回流産したのと、今回が最後のチャンスと思っていたので、無理してまた流産しない様に急いで受診しました。

 

応対のの悪い先生

流産した時は、引っ越したばかりでどこに産婦人科があるか分からず、知り合いが教えてくれた自宅から一番近いクリニックだったので受診しました。

 

3人の医師のうち、一番若い先生が無愛想で態度が悪かったです。

いつも眠たそうで暗く、小さい声だし、マスクをしていて全く笑顔がない。

流産した時は、「歳だから流産したんですか?」と聞いたら、ボソッと暗い声で「いえ、たまたまです」と言われました。

「産婦人科でも嬉しい事ばかりじゃなく、流産だったり、病気の人もいるからこの対応なのかなぁ」と思いました。

今回の妊娠の時も年配の先生が担当の時は、「赤ちゃん、よく動く?」、「体調どう?」とか優しい声を掛けてくれるのに、この先生はいつも眠たそうで目も虚ろ、「何故、この仕事を選んだの?」って感じで話にくいので質問しにくかったです。

妊娠中は薬を飲めないだろうと思い、赤ちゃんの為に我慢していたのに、「何故飲まないんですか?  専門の病院に掛かって下さい」と冷たく言われました。

年配の先生は、低値胎盤を指摘しなかったのに「低値胎盤の可能性を指摘されなかったんですか? 大きい病院で調べて来て下さい。ここでは産めませんよ」と言われました。

大きな病院が分からなかったので、「大きな病院ってどこですか?○○病院とかですか?」と尋ねると「そこじゃないでしょう ○○病院とかです」と言う感じでした。

検査結果は、全く問題なくこのクリニックで出産出来たのですが、こちらが悪い事でもしている様な無愛想な言い方にいつも「今日は、ハズレだなぁ」と思ってました。

 

担当先生のカレンダーを見て、極力この先生じゃない日を選ぶ様にしました。

「○○先生は、今月末に退社します」と受付に書いてあってありました。

アフタービクスに行って仲良くなったママ達も「やっぱりね、あの先生、感じ悪かったもんね」って話ました。

 

産婦人科は受診者にもストレスなので明るい対応を望みます

産婦人科クリニックは、無事に出産出来る人、流産、死産、病気、障害が残る、望まない妊娠などに毎日遭遇し大変な仕事だと思います。

でも殆どの人が結婚、新しい家族の出産を楽しみにして行く所です。

特に最初の妊娠の時は、出産に対して「どの位、痛いかなぁ」とか「無事に大きくなるかなぁ」と不安がいっぱいで怖いです。

先生も男性がほとんどで検査の内容も内診など、他のクリニックと違って恥ずかしい事が多いです。

「これが先生の仕事だから」、「何人も診てあるから」と自分に言い聞かせて、嫌な検査を受けていました。

なので、明るく話やすい先生がいいです。

出来れば、年配の先生の方が嬉しいかなぁと思います。

赤ちゃんが育って来たら、「大丈夫ですよ」とか「無事に大きくなってますよ」とか優しい言葉を掛けて安心させて欲しいです。

妊娠、出産は、女性にとって大仕事で出産後の入院の時だけがゆっくり出来て、色々相談出来る至福のひとときです。

自宅に帰れば、大変や子育てが始まるので、信頼出来るクリニックにお世話になりたいです。

 

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2018 All Rights Reserved.