医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

母乳育児

病院 病院でのトラブル体験

患者の話を全く聞かない医師

更新日:

埼玉県の鶴ヶ島市にあるクリニックへ息子が7ヶ月の時に連れていきました。

母乳育児だったのですが、授乳後数分してから息子の顔と体に小さな赤い湿疹が出るようになりました。

それに加えまぶたが赤く腫れて機嫌も悪くなり愚図り泣きをするので心配になって家からすぐ近くの息子に負担の少ないクリニックを受診しました。

母乳育児

母乳育児

 

アレルギーではないかと思い受診したものの

子供のかかりやすい病気がカラー写真で説明されている分厚い本を買って、息子の症状と照らし合わせながら素人で新米の母親ですが必死に調べました。

症状からして何らかのアレルギーではないかと疑問を持ちアレルギー科にかかろうと受付をすると、まずは先生の指示があってからとの事で小児科に回されました。

初診の待ち時間が長く息子がグズり始め授乳したところ、また体中に赤い湿疹が出てしまい火がついたように泣き叫びながら体を掻きむしってお腹と瞼の横から血が滲んできてしまいました。

この間何度も看護士さん達は前を通っているのに声ひとつかけてくれません。

ただ仕事をこなしているといった態度です。

泣き叫ぶ我が子を抱き抱えながら、いつ名前が呼ばれるかわからないのでクリニック内をうろうろしたり少しお外の空気を吸わせてあげようとおもてに出たりしました。

 

不快なことが続々と起きた

このクリニックは自宅から徒歩で行ける範囲なので、息子の負担にならないと思ったのが選んだ一番の理由ですが、地元でも有名なクリニックなのでママ友のすすめもありました。外装は綺麗ですがクリニック内は古びた感じでキッズルームのおもちゃは黒ずんでいるし散らかったままで絵本も出っぱなしで清潔感に欠けていました。

清掃の方が私と息子が座っているのにその上のエアコンの上をはたきで掃除して埃を落としはじめたのには驚きを隠せませんでした。下に赤ちゃんがいるのに上から埃を落としてくるなんて信じられません。それもすみませんとか失礼しますの一言もなく無言で来て無言で去っていきました。

受付から小児科に回されて3時間も待ってやっと診てもらいました。医師は私が息子の症状を説明しているのに目も合わせずに馬鹿にしているような態度でよくある事だからアレルギーではないと言い切りました。

息子が泣き叫んでいるのに優しい言葉1つなくステロイドの薬を処方されました。診断に疑問を持ちながらもママ友達の間で評判が良いクリニックだったので信じてステロイドを息子に塗ってあげていました。

しかし、1週間経っても息子の症状は改善されずそれどころか余計激しく体掻きむしるようになってしまいました。

 

もう一度診てもらおうと受診しました。今度は予約をしていってるのにまた3時間待ちでした。これでは予約の意味が全くありません。

やっと診てもらえたかと思えば、どんなに息子の症状を説明してもやはり医師からは相手にされていない感じで同じステロイドの塗り薬を処方され帰されました。

患者を下に見ている態度は本当に酷いものでした。

ステロイドでは症状が改善されない事はわかっていたので、このクリニックでは話さえ聞いてもらえないしダメだと諦めました。

 

違う病院で卵アレルギーと発覚しました

少し遠くにあるのですが、電車を使って口コミの良かった病院で再度息子を診てもらう事にしました。

この病院では初診でしたが1時間も待たずに診てもらえました。

医師に話をするとすぐに息子の血液検査をしてくれて、後日やはり私が疑っていた通りアレルギーだと知りました。

息子は重度の卵アレルギーで、私の食べた卵が母乳を通じて息子にいってしまったとの事でステロイドなんか塗っても原因を取り除かなければ症状は改善されないのだから全くの無意味だと言われました。

母親である私の話を聞かず取り合おうともせず、ただステロイドを処方するだけの医師に怒りを覚えました。

まだ7ヶ月なのに医師を信じてステロイドを塗り続けてしまって息子に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もうあのクリニックには二度と行きたくないです。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.