医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

歯の治療

病院 病院でのトラブル体験

保険外の歯のかぶせ物

更新日:

めんどくさがり屋の私が歯科医院で体験した出来事です。

もともと歯に無頓着な私は、以前に虫歯になってしまい、治療して金属をかぶせてもらいました。

その、以前歯に詰めてもらっていた金属が食事中に外れてしまい、さらに何本か歯が痛むようになってしまって(放置してました)、歯科クリニックに通うことにしました。

もともと面倒くさがりやなので、なるべく近所のクリニックをと思い、当時住んでいた群馬県内の近所の小綺麗な歯科クリニックに行ってみました。

歯の治療

歯の治療

 

近所の歯科医院に行きました

受付の女性も感じよく、また、小さなショッピングモール内ということもあり、今後も通いやすいと思いました。

とりあえず外れてしまっていた金属も持っていったのですが、虫歯が進行してしまって穴が広がった為に外れてしまった金属なので、新しく作り直さなければいけないとの事でした。

先生は比較的話しやすい雰囲気をもっていて、また、治療に関しても、毎回今日はどのような処置を行うかを説明してくれたあとに治療を開始してくれたので、安心して治療を受ける事ができました。

新しい金属を入れてもらい、他の歯の治療もお願いすることにしました。

他の歯の虫歯は、歯と歯の間に出来ていて、中でだいぶ進行しているので、二本とも神経の処置をしなければならないとの事でした。

神経の処置を数週間繰返し、順調なので、根っこの部分に土台を入れて貰う事になりました。

説明では、土台をたてたあと、その上に、歯の形の被せものをするとの事でした。

 

保険でやるか、自費でやるか?

そこで聞かれたのが、その歯の土台と被せものを保険治療で行うか、保険外で行うかでした。

私は今までも何度か歯科クリニックに通った事があり、どれも保険治療で行っていたので、迷わず保険治療をお願いしました。

すると、

「この歯は目立つ所だし、まだ若いし、女性だし、白い歯の方が良いと思いますよ。保険だと銀歯になっちゃうし、そもそも保険の土台は固すぎるからデメリットが多いと思いますよ。」

と先生に言われました。

しかし、保険外の土台と被せものを2本してもらった場合は、安くて6万円くらいかかるとのことでした。

正直、歯にそんな大金はかけられないので、その事を伝えると、

「では、とりあえず土台だけ保険外の良いものをいれましょう。土台だけなら1本1万円でできるから長い目で見たら高くないと思いますよ。そして、とりあえず白い仮歯を被せておいて、定期的に通って交換しつつ、お金がたまったら、白くて程よい固さの良い被せものをはめましょう。」

と言われました。仕方がないのでとりあえずその方針に納得し、次回の予約を取って帰りました。

しかしやはり冷静に考えてると、お金が貯まるまで仮歯はおかしいし、6万円から2万円になって払える気持ちになってしまったけれど、保険治療ならばいくらなのだろうかと疑問に思うようになりました。

 

セカンドオピニオンをもらいに他の歯医者さんへ

しかし、今通っているクリニックでは教えてくれないかも知れないと思ったので、他の歯科クリニックに行って他の先生の意見も聞いてみることにしました。

小さな個人の歯科クリニックでしたが、受付の女性も先生もとても優しい雰囲気がありました。

事情を話し、口の中を確認して貰うと、

「最初から保険治療をする気が無い感じだったのかな?削り方がそんな感じですね。勿論保険外の物の方が長く使えて、歯に近い固さや色なので負担は少ないですが、保険治療だって充分良いものですよ。認められて保険治療となっているんだから、保険治療だからすぐ駄目になるというわけでは無いですし、逆に保険外治療だから長持ちするっていう保証も無いですからね。」

と言われました。

結局、最初に通っていたクリニックではなく、セカンドオピニオンとして尋ねたクリニックに保険治療をお願いし、保険の銀歯を入れてもらい、金額は土台と被せもの合わせても1本1万円もかかりませんでした。銀ですが別に私は気になりません。

いくら先生の人柄が良くても、自分の希望に合った治療をしてくれる所を探す事が大事だと感じました。

自分の事なので、先生に遠慮することなく、分からない事は聞いて、納得出来なかったら思いきって他の先生の意見を聞いて見るのも良い事だと感じました。

 

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.