医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

神経内科を受診する

病院 病院でのトラブル体験

診断は「仮病」でした・・・

更新日:

私は千葉県の北総にある中小病院を利用していました。

住んでいる地域が田舎なので、大きな病気をしたときや、夜間救急となると車で一時間ほどの隣町にある、こちらのクリニックへ地域の患者のほとんどが通院しています。

田舎ではありがたい病院です。

内装も何年か前に工事をしたので清潔感もあります。

病院といえば待ち時間が長いですが、メインの待合室も広くなってテレビや売店も設置されるようになったので以前ほどは待ち時間が苦ではなくなったという印象です。

神経内科を受診する

神経内科を受診する

 

目が痛い・・・救急で病院へ

数年前、夜中に目玉をえぐられるような耐えがたい痛みに襲われ、家族の運転でその病院の夜間救急を受診しました。

激しい頭痛だったので神経内科・脳外科のイメージでしたがその日の当直ドクターは内科の先生しかおらず、とりあえずCT・MRIなど脳の検査を一通りしました。

 

その日は原因もわからずひとまず痛み止めを処方されましたが、全く効果はなく次の日の朝一で当直ドクターに勧められた神経内科を受診することにしました。

前にも記載したように私の住む地域は田舎なので大きな病院へ行くとなると車で2時間以上かかります。

前日の病院の対応は「原因わからないからとりあえず痛み止めを飲んでおけ」のような態度だったので正直違う病院に行くべきかとも思いましたが、「原因さえわかればよい薬を出してもらえる」「一刻も早くこの痛みから抜け出したい」という思いから藁にも縋る思いで再度受診しました。

 

前日に高いお金を払ってCT・MRIの検査をしたのにも関わらずその日もなぜか検査から始まります。

「撮り方が違う」などの理由があるならわかりますが「なぜもう一度検査を?」の問いに対し医師からは「決まりなので」の一言しか返ってきませんでした。

前日から止まらない激痛に疲れ果てていたのでそれ以上は聞きませんでしたが、暴れたいほどの激痛の中同じ検査を2度も理由もわからず受けるというのはなかなか酷なものです。

 

検査を終えて診察室に入ると「やっぱり特に異常もないのでそのうち治ると思いますからしばらく様子を見ていてください」の一言で診察終了。

いつ頃から痛みが始まったのか、どのような痛みなのかなどの問いかけもなくその一言でした。

昨日の痛み止めが全く効かないということも話しましたが、「個人差がありますから」の一言で済まされ、またしても効果のない痛み止めを処方されました。

通院一日目で検査代含め25000円ほどかかりました。

 

仮病と判断されました

ちなみに夜間救急も検査結果に異状がないということで待合室で痛みに耐えられず奇声を上げて暴れていても「仮病」と判断されて追加料金を取られました。

医者がそのうち治るというのだから…と思ってひとまず一週間様子を見ましたが全く変わらず再度受診。

今回は検査もなく診察室に入りましたが相変わらずな症状だと伝えると「気持ちを強く持ちなさい」「生活習慣を正しくしなさい」「異状はないから死にません。そのうち治ります」など暗示のような言葉をかけられ、どういう病気が予想されるか、どうすれば痛みは改善されるのかについてはこちらから質問しない限り一切話さず、とにかく「死なないからそのうち治る」という言葉を連呼され我慢は限界に達しました。

家族の負担が大きくなってしまうと思い我慢していましたが車で2時間ほどの場所にあるクリニックへの紹介状を書いてもらいました。

この時ぼそっと「あまり行く意味もないと思いますがね~(笑)」のようなことを言われたことは一生忘れないと思います。

 

別のクリニックで原因がわかり、治療を受けました

その後受診したクリニックは非常に丁寧に検査や診察をしてくれて一週間の検査入院の3日目あたりで疑いのある病気について説明を受け、更に検査を重ねて数日後に無事に診断も下され、合う薬も出してもらって徐々に回復しました。

さすがに毎週2時間かけて病院に行くのは厳しかったので前の病院に薬だけ処方してもらえるように紹介状を書いてもらいました。

散々苦しめられたとしか思っていないのでその病院に行く時には「診察に期待はしていないので処方箋だけください」と言っていくようにしています。

もちろん相手も気分が悪くなる言い方だとは思いますが、それ以上に憎しみの方が強いので態度や声に出してしまっています。

 

医師にも専門があるのはわかりますけど・・・

医者も万能ではないと思うので今回のように知らない病気もあるかと思いますが、痛みの原因を考えてくれたり、少しでも改善できるように薬を勧めてくれるなどすれば、横暴な態度をとったり嫌味を言ったりすることはなかったのかなと思っています。

それと夜間救急ですが、極限の痛みに襲われたから受診したのに検査に異状がないから「仮病」と判断されるのはあんまりではないかなと思います。

とにかく「異状はないから死にません。そのうち治ります」は人生で最高に腹が立ちました。

 

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.