医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

歯並びの綺麗な女性

病院 病院でのトラブル体験

私が二度と行きたくないと思ったクリニック

更新日:

兵庫県にある、駅近の個人で開業してらっしゃるクリニックに行ったときのことです。

そのクリニックは、その当時私が住んでいた家の、最寄り駅に近く、地元の人がわりとたくさん通っていらっしゃったように思います。

他に、近くにクリニックもなかったので、私も何の疑問もなく通い始めたのです。

駐車場も台数は少ないものの、完備でしたし、車で来るのも便利なつくりでした。

近所は閑静な住宅街で、車の通りもさほど多くもなく、恵まれた環境でした。

クリニックの建物も、数年前に一度建て替えをしていて、キレイでしたし、内装も新しかったです。

歯並びの綺麗な女性

歯並びの綺麗な女性

 

歯をきれいにしたい!

私が通ったのは、歯科でした。

もともとあまりよくなかった歯が、虫歯になってしまい、歯が痛くなってきたからです。

ついでに他の歯も見てもらって、歯石もとってもらったり、しばらく通おうと思い、通いはじめました。

年齢的にも、結婚を意識していたのもあって、やれるのなら一気に直して、キレイにしたいなと思ったのもありました。

 

虫歯の治療も、わりとすぐに終わり、先生の治療の腕も、上手だなという印象を持ちました。

以前に別の歯科に行ったことがあり、あとから痛くなった経験がありましたが、今回の歯科は薬も処方してくれました。

 

このクリニックに行こうと思ったキッカケは、一番大きな理由のひとつは、私の母が通っていたことでした。

それに、家からも歩いて10分~15分で来れるのも、大きかったです。

他に近くに歯科がなかったのもあって、選択肢もあまりなかったのもあります。

近所に住む、母が昔からお世話になっている方も、通っていたこともあって、とりあえずそこを選んだ感じでした。

駅も近かったので、治療が終われば、ささっと出かけることもできましたし、立地が良かったのです。

 

先生の言い方が気になってしまう・・・

便利で、通うのにも近くてよかったのですが、行きたくないなと思ったのは、まず先生の言い方でした。

治療も上手な先生でしたが、とにかく説教くさい先生でした。

 

「虫歯になりたくなかったら、一切お菓子を食べるな、」

「あんなものを食べるから、みんな虫歯になるんだ」

とよくおっしゃっていて、ある日、私の母が治療に行ったときなどは、

「また、お菓子食べたのか」と言われたこともあったようでした。

 

私も、お菓子は食べていましたし、毎回行くたびにお菓子なんて食べないように、と言われて、正直だんだんうるさいなあと感じるようになってきました。

毎回、そこまでお菓子は食べるなと言われる必要もないな、と思い始めました。

 

クリニックに通いだし、治療もひと段落ついてきたあたりから、もう通わなくなりました。

次の予約をとって帰って下さいと言われ、帰りに受付で日にちをみましたが、仕事の都合もあり、合う日がなかったのです。

 

そこで、私は「一度、仕事のスケジュール等を確認してから、電話してもいいですか?」と申し出て、クリニックを後にしました。

が、結局、めんどくさくなり、スケジュール確認が終わってからも、予約の電話をすることはしませんでした。

 

お説教は出来ればされたくないのです

毎回の先生のお小言が、当時の私には、相当うるさかったのでしょう。

ついでに言うと、受付の中年女性も、愛想がなく、苦手でした。

 

せっかく、立地も悪くない、清潔感のある院内、何より先生の腕もいいクリニックなのに、もったいないと思います。

 

お菓子を食べるな、という言い方をしたところで、それまでお菓子を食べて生きてきた患者さんにとっては、全くもって効果があるとは思えないです。

むしろ、お菓子を食べないように注意、説教するのではなく、食べた後にどう歯を磨くと、よりよいか、といったことを説明するほうが、よほど患者にとってはうれしい情報だと思います。

説教くさいと、毎回行くのがおっくうになってしまうので、患者さんの立場に立った言い方を心がけるだけで、通いたいクリニックに変わる思います。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.