医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

病院 病院でのトラブル体験

子宮頸がん検診がトラウマに

更新日:

北海道札幌のベットタウンとして有名なさほど大きくない市に住んでいます。

市立病院はあるものの腕利きのドクターがみんな開業して市内には沢山の個人クリニックがあります。

当時、市立病院はあったものの産婦人科医と助産師不足で市立病院から産婦人科が撤退するという問題もあった中、市内唯一の産婦人科クリニックへ月経不順の為受診しました。

トラウマ

トラウマ

 

がん検診を受けるも・・・

長男出産後月経が1年後に始まったのですが。

様子がおかしく陣痛並みの月経痛があり、最初は産後だし仕方がないのかな?っと思ってました。

数か月様子を見ていたのですが、不正出血が始まり市内の産婦人科クリニックへ受診しました。

念のため子宮頸がん検診も含め色々な検査をしました。

内診検査やエコー検査は順調に終わりましたが最後に受けたがん検診の際、激痛が走りその後月経とは違う鮮血が止まらなく再度同じ病院へ受診したところ『がん検診は出血もするし痛みがあって当たり前』と先生とナースに言われ治療もなく帰宅。

だんだん貧血気味になってきているのが自分でもわかり札幌の総合病院へ緊急受診した結果、がん検診をしたときに出来た傷から不正出血していることが判明しました。

緊急処置で止血剤を入れたり最悪は輸血とまで言われ、札幌の総合病院での処置が済んで帰宅したものの不安な一夜を過ごしました。

処置をしてくれた病院からがん検診をした病院へ医療ミスだと指摘したほうがいいと言われ検診を受けた市内の病院へ連絡したところ、医療ミスどころか侵害と言い逆に訴えるとまで言われ脅されました。

患者である私は泣き寝入りするしかなく精神的にも身体的にも辛い経験でした。

その後札幌の総合病院で治療をしっかりして頂いたおかげで、もしかしたら二度と子供が産めないかもしれないとまで言われた傷が治り、3人の子宝にも恵まれました。

がん検診は大切なことですが、病院選びは慎重にしていきたいと痛感した出来事でした。

 

しかし、市内には産婦人科のクリニックは1件しかありません。

当時私が住む市には産婦人科が1件しかなく小さな長男を抱えクリニックへ行くのは大変なことでした。

バスと徒歩で生後9か月の息子と通院となると市内の産婦人科へ行くしかありませんでした。

当時出来たばかりの産婦人科で、評判も悪くなくきれいなクリニックだったため何の疑いもなく受診、問診表を記入し順番を待っている中事務の方にうるさくて迷惑なので赤ちゃんを泣かさないでと注意を受け、申し訳ないと思い謝罪。

お腹がすいて泣いてしまった長男を体調が優れない中待ち時間をどうにかご機嫌に過ごさせようと必死にあやしていました。

ようやく順番が来て診察に入るとプライバシーもなく目隠しカーテンもないまま診察台に乗り、声掛けもなく内視鏡で検査を始め、びっくりしたのと痛みで涙しそうになりました。

この時点で次はこの病院は来れないなっと思っていたのも束の間で次々に理不尽な行動言動に失望しました。

検査にも時間がかかり適当に患者をあしらうような医院長の声も聞こえました。

明らかに出産関係の患者との格差をつけており婦人科系の病気の人は面倒くさいというのがわかりました。

一通り検査を終え待合室に戻った時、事務の方から検査結果の日程など説明を受け下腹部に違和感が残りつつ帰宅。

自分なりに頸がん検診の情報を集め調べると多少の出血と違和感はあるとわかり様子を見ていましたがどんどん出血が多くなり不安で病院へ電話したところ『当たり前な出血だからそんなことで電話しないでほしい』と言われ家族と相談しセカンドオピニオンしました。

病院の外観は綺麗でホテルのような雰囲気なのに事務の方含め先生やナースまでも印象がとても悪いし一言一言傷つくような言動に怒りよりも悲しみが先に来る対応だったので出産含め二度と関わらないと家族で決めました。

 

もう2度と行きたくありません。

検査結果も聞きにいかないままもう二度と受診していません。

ケガを直してくれた総合病院と相談した結果、立派な医療ミスなのでクリニック側に謝罪を求めたほうがいいとアドバイスを頂きました。

治療がすべて終わり、医療ミスをした事を認め一言でいいから謝罪してほしいと電話したところ、医院長自ら医療ミスは認めない、それどころか電話口で怒鳴り業務妨害で訴えると言われ二度と受診しないでほしいと一方的に電話が切れました。

医院長も同じ人間ですからミスぐらいすると思います。

ここで一言謝罪があれば二度と行きたくないなんて思わなかったであろう小さな医療ミスで、患者側である私が出入り禁止を下され不愉快な気持ちと、市内唯一の産婦人科クリニックへ受診ができなくなる不安、両方の気持ちが入交複雑な心境です。

次男の妊娠をきっかけに市外の産婦人科クリニックで出産し、がん検診等もしましたが痛みはなく出血もありませんでした。

何年たってもトラウマは解消されず市内の病院への不信感は募るばかりです。

最近ではあまり良い噂も聞きませんし数年たった今も病気で受診している患者さんは少ないようです。

ただ出産はとてもスムーズに対応してくださる病院と言われているので、人としての関りがもう少し丁寧な対応だと私のような思いをする患者さんは減るのではないか?と思っています。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.