医療経営の様々な問題を専門家が調査分析しています。

医療経営新聞.com

未来に備える女性のためのマネーセミナー

原因不明

病院 病院でのトラブル体験

お医者様とて万能ではないけれど

更新日:

私は神戸市に住んでいます。

数年前にお腹に違和感を感じそれが段々と痛みに変わっていった時のことです。

原因不明

原因不明

 

痛みに耐えられなくて最寄り駅近くの総合病院へ

最初は直ぐにおさまるだろうと思ってクリニックに行こうとは思いませんでしたが、日が経つにつれ痛みは引く処がどんどん増していき、これは明らかにおかしいなと思い仕事帰りに最寄り駅の近くの総合病院にいきました。

夜だったので救急扱いで受付したのですが、受付にいる事務員の感じが既に悪く「また来た。面倒くさい」という雰囲気が出てましたが、こっちはそれどころではないので問診票を記入し提出。しばらくすると名前を呼ばれ診察室へ救急なので科は選べませんでしたが内科医の先生でした。

診察もかなり雑なもので症状を聞き「じゃあそんなに心配なら尿検査でもしますか?」と半ば投げやり。

こっちは冷やかしで行っているわけではないし、困っているんだけどと思いつつ検査をし結果待ち。

そして「尿検査異常なしですね。最近くしゃみとかしませんでした?」と聞かれて1度位はしたなと思い「しました」と答えると「それ筋肉痛ですよ、前にも似た症状の患者さんいたんです」と言われました。こちらは医学に関して素人なのでお医者様がそう言うならと納得はしてないですが、痛み止めを処方してもらいその日は帰りました。

 

なんと入院!

引っ越したばかりでクリニックや病院の情報をあまり知らず、最寄り駅から一番近いという理由だけで選んでしまった事を最初の受診から2日後に後悔する事になりました。

早朝からのたうち回る程の激痛で直ぐに病院へ行きましたが、診察時間はまだでしたが受付は始まっており、前回と同じ内科を選択したのですが8番目でした。

大の大人が我慢出来ない程の激痛です。

が他にも順番待ちをしている患者さんを飛ばして見てもらうなんて考えはありませんでしたが、診察まで耐えれる様に痛み止めを打ってほしいとお願いしました。すると看護師さんは「少しお待ち下さい」と言い奥に消えました。しばらくすると戻ってきて裏からいきなり診察室に通されました。

しかも内科ではなく外科です。直ぐに色々な検査に回された結果「断定は出来ませんが盲腸かもしれません、血液検査の炎症の数値が異常です今すぐ入院してください」と言われた時は痛みで朦朧としていたので素直に従いましたが、通常時であればぶちギレていました。「2日前にも来てるんだ、そしたら筋肉痛って言われたんだぞ、誤診してるじゃないか?それに断定は出来ないって何?」と

内心思ってましたから。それから1週間の絶食と経過を診るためあわせて2週間入院しました。

退院の前日担当医と話しましたが「原因は不明ですが数値も下がったのて大丈夫です。また異変があれば来てください」2週間の入院で何もわからない?しかも原因不明そんな病院には2度と行きたくありませんでした。

 

再発、そして・・・

しかし半年後にまた再発。仕事中の休憩時間に職場の近くの小さな内科のクリニックに行きました。

すると血液検査の結果をみた先生が「この数値はうちでは診れない直ぐに近くの総合病院に紹介状書くから」といい紹介状と緊急の受付をしてくれました。

上司に許可をとり紹介された病院へいくとあっさり

「結石かクローン病のどちらかです。詳しい検査してみなければわかりませんし、僕は内科で消化器科ではありません。専門医がおります。直ぐにご案内致しますから受診してください」と素早い対応。

そして案内され受診するとまた即入院でしたが、原因はクローン病だと解りました。

大人になってからなるケースは珍しいらしいのですが、最初に受診した病院が原因不明と判断したなら原因がわかるもっと設備や知識の整った病院を紹介してくれたら良かったのではないかと思います。

クローン病は難病です。

あのままあの病院に通い続けていたら一生原因はわからないままだったかもしれません、

仮に分かったとしてもそれを治療する技術はないです。

原因不明で片付けずにもっと真摯に患者に対応してほしかった。

そうすれば風邪だとしても2度と行かなくなる様な事はなかったのにと思っています。

2度といきたくないクリニックの特徴

2度と行きたくないクリニック

無料ダウンロードのE-Book!!
お申し込みは、こちらから!
(画像)ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰

-病院, 病院でのトラブル体験
-

Copyright© 医療経営新聞.com , 2019 All Rights Reserved.